2019-07-11

2019 富士登山、2回目だが登頂せず


アマチュア無線の競争である 6m and Down コンテストが7月6日〜7日に開催されるので、コレに参加するために富士登山することにした。前回の登山時には、須走口5合目から雨が止まず登山開始から30分で折り返したこともあり、前回予約した山小屋にリベンジということで同じく須走口から登山開始することにした。





須走口の浅間神社




まずは須走口の浅間神社へお参り。前回は下山後に寄っていったが、今回は登山前にお参りできた。





須走5合目の菊屋さんに12:30ごろに到着し、ランチのラーメンを頂いて13時すぎに出発。









6合目までは割と岩っぽいところも有りつつもズンズンと進んでいきました。6合から先になると植物の量も減っていく感じ。 5合→新6合が1.5時間、新6合→6合が1時間、6合→7合が1時間20分、な感じでした。









山小屋の大陽館さんに着いたのが、晩飯時刻をちょっと過ぎた17:10頃。晩ごはんはハンバーグ、切り干し大根、漬物、豚汁とご飯で、ご飯豚汁はおかわり自由でした。





山小屋の部屋




山小屋は2段ベッドの大部屋。今回は我々を含めて宿泊客が3人だったので、広大な部屋をゆったりと使えてよかったです。





一緒になったお客さんが、七子さんという方で、77歳で、須走コースの富士登山が大好きなので、7月7日の午前7時を7合目の山小屋で迎えようとやって来たそうだ。7のゾロ目の狙い方がすごくてびっくりで、小田原の標高0mから富士山頂へ登山するといったことを何度もされているというから驚き。晩御飯のときにはワインなどご馳走いただき、一緒にお祝いさせていただきました。









翌朝 2019年7月7日の日の出の時刻




翌朝2019年7月7日の朝4:36が日の出時刻ということなので、山小屋の外に出てみたところ、しっかりと雨が降り、写真の通りに雲の中。外の様子をパジャマで確認して、雨にずぶ濡れな登山客に白い目で見られながら、そっと山小屋のドアを閉じて布団に戻りましたw









7月7日はアマチュア無線の 6m and Down コンテストに参加するために無線運用開始。外は雨、ちょっと眠く疲れているので、山小屋の女将さんの許可もいただいて、優雅に小屋の中からコンテスト参加。暖房も効いていて最高。









無線もそこそこ飽きたので、荷物をまとめて11:18に山小屋出発。霧雨ではあるが雨が振り続けているので雨合羽完全装着しての出発









雪の塊




須走7合目からの下山道は、砂の上をひたすら下っていくようなコースでした。砂の上を走るから須走なのね。途中に「大きな白い不思議な岩があるな」と思って近づいてみたところ、雪の塊でした。













6合目を下ったあたりになると、だいぶ草木も増えてきます。









13:26に須走5合目のゲートに到着。下りは2時間10分ぐらいでした。





帰りも菊屋さんで休憩し、きのこパスタを頂いて、お土産などを買ってから帰宅開始。 途中に裾野の無線の先輩宅にお邪魔して、シャワー借りて、晩ごはんまでご馳走いただいてからの帰宅でした。


0 件のコメント:

コメントを投稿