Windows 11 で Win10Pcap のアンインストール方法


Windows 11 の Windowsセキュリティで、コア分離によるメモリ整合性のセキュリティの設定をしようとしたところ、一部の古いデバイスドライバが入っているとコア分離ができないとのことでした。私の環境では、パケットキャプチャなどで利用する Win10Pcap.sys が入っているためにコア分離ができないとエラーが出ておりました。

アンインストールのプログラムなどを走らせてもアンインストールできなかったので、どのように実行すればよいのか調べながら実施しました。結論としては pnputil というコマンドを用いればよかったです。 

まずは管理者権限でTerminalを実行します。 Windows terminal をインストールした環境でしたので、PowerShellが起動しました。

 適当なファイルに、現在インストールされているドライバを書き出す。

 pnputil /enum-drivers > inf.txt


# 上記のファイルから win10pcap を探し出す

notepad.exe inf.txt

下記のよう場所があったので、ここから公開名が oem131.inf であるとわかりました。

公開名:     oem131.inf
元の名前:      win10pcap.inf
プロバイダー名:      Win10Pcap Native x64
クラス名:         NetTrans
クラス GUID:         {4d36e975-e325-11ce-bfc1-08002be10318}
ドライバー バージョン:     10/08/2015 10.2.0.5002
署名者名:        Microsoft Windows Hardware Compatibility Publisher

今回の場合は oem131.inf が win10pcap に該当するので、これを削除する。

pnputil /delete-driver oem131.inf

以上でアンインストールができました。


コメント

このブログの人気の投稿

パスワードを覚えるのも無理があるから、パスワードマネージャ使いましょう。

大型特殊自動車免許を取った時の話。

車両系建設機械運転者(整地) の講習