2014-09-20

iPhone6 発売日の香港

今日は iPhone6 の発売日。家を出る前に見たニュースでは、今回日本ではSIM Lockの掛かっていない iPhone をApple Storeで発売するとかで、中国人転売屋やホームレスを動員した転売屋が大量に押しかけて、列を割り込むなどのトラブルがあったり、整理券配布時には携帯電話番号やメールアドレスを使って、転売屋対策をApple Storeが行ったとか、まぁいろいろなニュースが出ていました。

[caption id="attachment_10478" align="alignnone" width="500"]灣仔のApple製品販売店 灣仔のApple製品販売店[/caption]

灣仔のApple製品販売店

灣仔のMcLarenとRolls Royceの販売店の隣にApple製品の販売店があるのですが、12時頃にバスで店の前を通過した時には、ソコソコ人が並んでいました。並んでいるということは、まだ売るものがあるってことですよね、多分。


[caption id="attachment_10484" align="alignnone" width="281"]先達広場 先達広場[/caption]

夕方5時頃に旺角の先達広場という携帯電話の商場に冷やかしに行ってみました。

先達広場の様子
先達広場の様子
先達広場の様子

ご覧の通り人人人の人間だらけ。普段より一層多く人が入っていました。

[caption id="attachment_10481" align="alignnone" width="500"]先達広場のお店 先達広場のお店[/caption]

いつもスマートフォンを購入してる i-generation i世代電訊 さんのところに行ったのですが、いつものガンダム好きな店員の兄ちゃんやオッチャンが居なかったので、詳細情報は聞けず。販売価格を聞いたところ、Appleの販売価格より3000HKDぐらい高い程度の値段でした。あちこちの店頭を見たところ iPhone6 が山積みしてあり、在庫は潤沢な模様です。去年の iPhone5s/5c のときには初日には店頭に在庫が山積みされた記憶がないので、転売品の売れ行きは鈍いのかもしれません。今週末に売れるといいんだけどね。

特に今回は中国大陸での発売時期が今のところ未定で、iPhone6を中国大陸に持ち込めば高値で売れるとか見込んでいる輩が多いようです。そのために日本でも問題が起きたのでしょう。似たような事例だと、昔 Playstation 3 の発売日に中国人転売屋が買い占めたとかありましたよね。こんなことは香港だと粉ミルクなどで日常茶飯事なのですが、大陸からの需要が大きくローカルの供給が間に合わなくなることが多々あります。あの13億の大陸人が少し金持ちになったら、あの勢いで供給を食いつくすわけです。日本では外国人観光客誘致に積極的ですが、いろいろと考慮すべきでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿