2014-04-15

朝一のCRHに乗るために、深圳北で前泊

深圳北でCRHのチケット発券


明日から福建省の厦門と中華民国領の金門島に行ってきます。 ということで、いつもお世話になっている深圳北に住んでいるJamieにお願いして、CRH(中国の新幹線)のチケットを予約しておいてもらい、チケットを駅でピックアップ。 復路の厦門北→深圳北のチケットの発券手数料だけはチケット代の他に5元かかるとのこと。 またチケットカウンターに行く手間を省くために、ここで5元払って発券してもらった。

深圳民治の夜深圳民治の夜SONY DSC

明日の朝の始発列車に乗るために、深圳北駅近くの民治で宿泊。 最初にJamieに予約してもらった賓館(Guest House)に行ったら「外国人はここに泊まれないので、系列の酒店(Hotel)に泊まって」と紹介され、酒店のほうへ移動。 お値段は変わらず1泊159元でした。 窓なしで、排水からの匂いが漂う酷い部屋でしたが、まぁ値段だけ優先したから仕方ない。

夜食は西米桂圓夜食は西米桂圓

荷物を置いてJamieの家へ。 家に行く前に「ちょっと横井さんに教えてほしいことが沢山あるんだけど。。」とか言われ、行って聞いてみたら、UKのAmazonでの販売者アカウントの開設方法とか、VPNの設定とか、Macの使い方とか。  Amazon.co.uk の売上金を入金してもらう口座は、HSBC Hong Kongの口座でも良いみたい。 試しに私の個人口座を送金先に設定したら無問題でした。

「このまま販売すると、売上金がオレの口座に振り込まれるよ!謝謝!」(笑)

なんか聞いたら、中国人が中国国内に有限公司を開くのって、数千元でできるんですね。 オモシロ ( ・ิω・ิ)。

ウンタラカンタラと説明したあとに、糖水を食べに行こう!ってことで近所の糖水のお店へ。 私は西米桂圓を頂きました。 西米=サゴ、桂圓=干したライチ ですかね。

0 件のコメント:

コメントを投稿