2012-10-08

MB15: iPhone やスマートフォンの音楽を Bluetooth で送信して自動車で聴く。

うちの Lexus IS のカーナビ・オーディオには Bluetooth A2DP によるステレオ音声受信機能が備わっていない。 Bluetoothで備わっているのは携帯電話のハンズフリー通話機能だけ。 6,7年前の車のカーナビとしては十分な機能なのだが、今時のツール類の組み合わせでは一世代前って感じ。 今時いちいち音楽CDを車に持って行ってHDDに取り込んで聴くなんて面倒臭い。 さらにUSBメモリのMP3をHDDにに取り込む機能も付いていない。 なのでスマートフォンに入っている音楽をそのまま再生できたらと思って調べることに。

スマートフォンからカーオーディオに音楽を送る方法としては、イヤホン端子かBluetoothの2つがあるだろう。 イヤホン端子を介すると、自動車に乗った時に毎度イヤホン端子を接続しなければならない。 iPhone ならばDockコネクタからアナログオーディオを取り出す方法もあるが、うちのiPhone 5 では今までのiPhoneのDockコネクタ部品が使えないとか、アダプタが未発売だとか、AndroidだとDockコネクタないという制約がある。 ということでBluetoothで出来ないものかと、けっこう長い間探していた。

社外品のオーディオ機器が付くような車種ならば、今時のスマートフォンをカーナビ代わりにする発想で作られた機器が多数あるので、それらを使えばよいだけなんですけどね。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=SSuqljmUS_0]

ヒントを受けたのがこの動画。 BlackBerryの Bluetooth A2DP Receiver を使っているらしい。残念ながら日本ではコレは販売されていない模様。

先日、ポチポチとWebサイトを探していたら、MTI Bluetooth スピーカー オーディオアダプター ワイヤレススピーカー MB15
という商品を発見。 仕様としてはA2DPのオーディオだけ(ハンズフリーなし)で、USB給電で充電式電池という具合。

接続イメージ

自動車に乗ったら、このBluetoothレシーバの電源を入れて、あとはiPhoneで聞きたい音楽を選択すればOK。 思った通りの仕組みができた! あとは充電しながら聞いた場合のオルタネータノイズが入らないか確認→ひどいオルタネータノイズは入っていない模様。 MB15の電池が空に近い時に充電回路からのノイズが入る程度でした。 搭載されている電池がキャパシタ状態になり、ノイズが減っているんだろうと予想。

iPhone で音楽再生

音楽再生中の音声出力先は Bluetooth の MB15 になっています。

Bluetooth Pairing

自動車のエンジンが起動した状態では、Hands Free と MB15 の両方に Pairing します。 Hands Free が電話のほう、MB15 が音楽などの出力になっています。

この状態でウロウロとドライブしてみたところ、iPhoneの音楽が聞ける点は満足ですが、曲の選択がタッチパネルなため手探りで操作できないのが不便ですね。 走行中にはiPhoneの画面を見るわけには行かず、なんどか適当にタッチパネルを叩いたりしているのですが、、違うボタンを押しちゃうと何もできなくなるw

0 件のコメント:

コメントを投稿