2011-08-23

読了:システム障害はなぜ二度起きたか


311のみずほ銀行の後の障害のお話。


へぇと思ったのは、こんな内容。



  • 第一勧銀+富士を合併してみずほ銀行(BK)としたのだが、その際のシステム選定がシステムの内容でなく業者との取引関係で決まっていた。 第一勧銀が使っていたシステムを採用することとなったのだが、実は富士銀行の物のほうが1.5年以上は先に進んでいた。

  • 口座振替処理ってのは今時はオンライン処理で行うところが多いのだが、みずほでは夜間バッチで行うようになっていた。 使っていたシステムは25年以上昔のものから大して成長していないものだった。 

  • 銀行の商売の決済事業ってのはシステム装置産業なのだから、システムぐらいきちんとしろ、ってことらしい。


今回のトラブルは直接私には影響がなかったので「へぇ~」って言っていられる身分ですが。 ただ、このへんの基幹システムの強弱なんて外から見ても分からないよね。 しかも銀行ごとのの基幹システムの格付けもないしさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿