2011-01-21

[Android] HTC Desire Z に日本語フォントをいれた。

香港で購入した HTC Desire Z にはAndroidの日本語フォントがインストールされていない。 一部の文字(「今」とか)が中国語のフォントで表示されてしまう。 某さんが「まさるならば中華フォントのほうが嬉しいんじゃないの?w」とか言ってきたのだが、さすがに海外のお土産屋で見る怪しい日本語を見続けるのは、ちとツライ。 ということで、日本語フォントをインストールしました。


まずは root 権限取得と S-OFF


HTC Desire ZのRoot化/S-OFF/リカバリイメージの入れ換え
に書かれている手順に従いました。



  • サードパーティのアプリケーションを入れられるように設定

  • VISIONary をインストール

  • VISIONary で root 取得

  • ターミナルのアプリを入れて shell を使えるようにする。

  • S-OFF のための insmod, dd

  • 再起動して動かなかったので、工場出荷状態に戻す

  • VISIONary をまたインストールして、root取得

  • Rom Manager をインストールして実行

  • ターミナルアプリを入れる。


手順としては、VISIONary で Root 権限を取得し、カーネルモジュールの wpthis-Z.ko を insmod し、hboot_7230_0.84.2000_100908.nb0 を dd で焼き込む。


これを行ってそのまま HTC Desire Z を起動したところ起動中に再起動を繰り返すようになった! 起動時のHBOOTの選択で、FACTORY RESET だっけな、を選んで工場出荷状態に一旦戻して、もう一度 VISIONary をインストールして、続きの作業を行う。


私は S-OFF の作業をしてから、Rom Managerをインストールしました。


また必要なファイル類を上記のページから取得し、SDカードに書き込み、 /mnt/sdcard から必要なファイルを利用した。


フォントのインストール


今回は mix M+ IPA を利用しました。


使いたいTrueTypeフォントを取得し、これのファイル名を DroidSansJapanese.ttf とリネームする。 この DroidSansJapanese.ttf を SDカードの一番上位のディレクトリに配置して、Android電話機のUSB経由のPCへのSDカードマウントを解除する。


コマンドを実行するのには shell が実行出来る端末アプリが必要なので、Android Market などで「Terminal Emulator 」といった単語で検索してアプリを入れてください。


あとはこのようなコマンドを実行して、フォントのファイルをコピー。


$ su
# mount -o remount,rw /dev/block/mmcblk0p25 /system
# cd /mnt/sdcard
# cp DroidSansJapanese.ttf /system/fonts/
# cd /system/fonts
# chmod 644 DroidSansJapanese.ttf
# cd /
# mount -o remount,ro /dev/block/mmcblk0p25 /system

そしてリブート。


うまくいくと、このようなテキスト表示になります。


M+IPA で Web ブラウザを動かす。 Web ブラウザ


Google Map Google Maps

0 件のコメント:

コメントを投稿