2010-07-30

iPhone, iPad のSIMロックが掛かっている件について禿を責めるのはおかしい。

iPad 発売前からちょいと加熱し始めた携帯電話端末のキャリア限定機能 (SIMロック) についてなのだが。 当時騒いでいた人たちや報道の内容を見聞きした範囲では、日本で発売される iPad の 3G, GSM を利用するものについては、日本国内ではソフトバンクのみ利用でき、海外の電話会社のSIMは利用できる、といった、今までよりは制限の緩くして出荷するということだったと思う。 また海外で発売される iPad ではSIMロックなしの状態で出荷されるとなったので、一気に消費者の鬱憤が爆発したのかな。 iPhone, iPad をソフトバンクと契約せずにドコモとかと契約して使いたい、という人が少なからずいるのでしょう。


この件について、日本での3G機能付き iPad を販売するソフトバンクの孫社長が「SIMロックなくなったらウチの商売があがったり」みたいな発言をしているのだが。 そりゃ巷で話題になっている商品を独占販売できたほうが良いに決まっているよ。 それ以前に SIM ロックをかけて発売する・しないの決定権はソフトバンクよりアップルが持っているはずなんだけど、アップルはこの件について特に何も言っていないんだよね。 例えば「x年間はアップルが発売する携帯電話網を利用する端末は日本国内ではソフトバンクモバイルに独占販売する」といった契約が有るのでないかと邪推してしまうわけで。


素人目で見た感じでは、SIMロックなんかしない方がよく売れると思われる iPad, iPhone なのに相変わらず制限付けて発売しているのはアップルなのであって、ソフトバンクや孫社長に言い寄るのは筋違いなんじゃないのか、と思った次第。


以上、最近はアップル製品を信用できず「iPhone使う気ないね〜」と思っている人間の意見でした。 本当に使いたいのだったら、香港で買ってドコモの回線使っているって!w

0 件のコメント:

コメントを投稿