2010-03-24

CR-Zの見る角度が違うと

CR-Z


昨日、バイクで青山一丁目のホンダ本社前を通ったとき、ホンダ向かい側のサンマルクカフェの入っているビルの屋上にある屋外広告を見てふと思ったのだが。


「見る角度によっては、ムラーノあたりのSUVっぽい形しているなぁ」


全高が低くても全長が短いために、そう見えてしまう。


今までの常識で見るとスポーツカーって平べったいイメージが強いのだが。 空気抵抗は先端の鼻の形状でcd値が決まり、背が高くなることによる重心の高さは車幅やエンジン位置、バッテリーの位置でカバーでき、ハンドルのレスポンスは電動ステアリングやタイヤの扁平率と幅、サスペンションの設定などで調整できてしまう現代なのだろう。 平べったい==走って楽しいクルマである、なんていう前提は時代遅れなのかもね。


ちなみに実物のCR-Zを見ると、CR-X譲りな小さくてかわいいクルマです。


写真はhttp://www.honda.co.jp/CR-Z/ より。

0 件のコメント:

コメントを投稿