active_scaffold

ちょいと軽めの管理ツールを作ることとなったので、 Ruby on Rails の を使ってみることに。 レコードのCRUD (Create:作成, Read:読込み→表示, Update:更新, Delete:削除) とごに controller, view やページ遷移を設計したり書かなければならないのが、勝手にできあがっている。 DBのカラムが変わったときとかに、それまでだと controller, view ともにいじらなければならなかったのが、ちょいと配列にカラム名追加すればよかったりする。


便利なフレームワークであることは確かなのだが、フレームワークって使い方覚えるのに一苦労ですよね。 なんとか1日2日でだいぶ使い方覚えられました。 1日2日で覚えられるぐらいによくできているといえば、そうなのですが。

コメント

このブログの人気の投稿

車両系建設機械運転者(整地) の講習

パスワードを覚えるのも無理があるから、パスワードマネージャ使いましょう。

大型特殊自動車免許を取った時の話。