Linuxでの日本語 IM Engine

昔は仕事でバリバリ Linux での IM を追いかけまくっていたのですが、最近は ATOK 2008 on Windows な生活ばかりしていて、この辺にめっきり疎くなってしまったのですが。 おーい IIIMF、元気かいー?(笑)


久しぶりに調べてみたところ、こりゃよいかも!と思うもの二つ :




  • Wnn for Ubuntu : 最近 Ubuntu をまじめに使い出したので、ちょっと欲しいかも。 きちんと SCIM-wnn が使えるようになっているとすてきなんだが、どうなんだろう。


  • Google codes : sj3 : 昔 Sony の NEWS に入っていた IM でオープンソースになったものの放置気味だった sj3 が、なんだかプロジェクトになっている。 すげー。 ぼくが Unix/Linux/*BSD 使い出す頃には、すでに Canna, Wnn か玄人好みの SKK っていったところだったからなぁ。


この辺のIMEって、日本語の言語仕様や頻度などに合わせてエンジン組んでいくというとてつもなく大変なコーディングとなっており、なかなかフリーソフト・無償で使いやすいものが出てこないんですよね。。 そんな中でまだ使えるのと言えば、シンプルにかな漢字を人力で区切るSKKぐらい。 さすがに前後の文脈みて変換候補のスコアリングするみたいなことまではできていないですが。

コメント

このブログの人気の投稿

パスワードを覚えるのも無理があるから、パスワードマネージャ使いましょう。

大型特殊自動車免許を取った時の話。

車両系建設機械運転者(整地) の講習