2009-05-25

会社訪問→ランチ→香港へ

USBハブ USBハブの仕入れ先でもあるキコさんの会社へ訪問。 こんな面白い形したUSBハブなどがいくつかあったので、サンプルとして購入させていただきました。 日本での税関で商品サンプルのインボイスが必要とのN兄からのご指導があったので、インボイスもいただきました。


その後は工場見学。 社長が「この基盤は手でパキパキと折って使うんだよ-」とかいう具合にいろいろと説明していただいた。 なるほど!って感じ。


お昼ご飯会社訪問後は11時台に早めにランチ。 出来たばかりのレストランで、いろいろなメニューで無料サービスがありました。 ってことでパクパクと食べていた。 また相変わらず辛いものばかり食べていました。 おいしかったです。
 


レストランの隣のアパート レストランの隣には出来たてのアパートが建っていた。 どうやらこの一帯が最近建築されたみたいで。 家賃は一部屋1ヶ月1万円ぐらいからだって。 日本人の感覚からすれば安いのだが、上海の平均月収が2万円ぐらいって考えると、けっこう良いお家賃なのでしょうね。


皇岗→香港のバスチケット食事後にお別れして、ぼくは皇岗の border までタクシーで移動し、皇岗→香港の九龍までバスに乗ることに。


皇岗のボーダーで、中国の出国カードに書いたパスポート番号に間違いがあったらしく、イミグレのお兄さんが直してくれた。 なかなかサービス良いな、中国の国境。 そーいえば、今朝ホテルで「横井さんのパスポート番号を警察に伝えたところ、その人入国ビザがないみたいなこと言われたよ」なんて言われました。 出国カードのパスポートの番号が間違っていたところを見ると、どうやら入国カードの番号書き間違えていた可能性がある。 ってことで、入国カードの番号書き間違えて、イミグレ職員さんが気づかない場合、ホテルに連絡あるかもね。 ってか中国の入出国管理すばらしすぎ。


ってはなしを後でN兄に聞いたところ、中国では外国人が夜どこで泊まるかを申告する必要があり、ホテルでパスポート提示したときにホテル側がその申告を代行しているんだそうだ。 都市部では24時間以内、地方では48時間以内にその申告がされるらしい。 ホテルでただパスポートを提示しているだけだと思ったら、その裏側ではしっかりしたシステムができているんだそうで。 へぇ。


で、香港行きのバスの話は、また後ほど。

0 件のコメント:

コメントを投稿