2009-03-06

Sun xVM VirtualBox で Ubuntu 8.10 Server

Unable to boot - please use a kernel appropriate for your CPU 一昨日購入した EeePC を本格的開発環境にするために、いつでもLinuxの開発環境を持ち運べるように、いろいろと構築中。 で、Ubuntu 8.10 Server を Windows XP 上の Sun xVM VirtualBox 2.1.4 で構築していたりするわけです。 インストール直後に出てきたメッセージがこれ:「This kernel requires the following features not present on CPU. "PAE" Unable to boot - please use a kernel appropriate for your CPU.」 「え、PAE?Ubuntu の kernel って最初から PAE 有効なのか、ってか VirtualBox って PAE 使えないの?ナニー」とか思っていたのです。


ほかのサイトを参考にしてみたところ、Installer CD からレスキューモードで立ち上げて、中に linux-image のパッケージ入れれば PAE を使わないカーネルがインストールされるから、それ使うように書いてあった。 とりあえずは、その内容に従って構築。


PAE/NX の設定後で、Virtual Machine の設定のところをみていたところ、「PAE/NXを有効にする」とかいうチェック項目を発見。 (写真の赤丸部分) このチェック項目にチェックを入れて、先ほどの ubuntu のカーネルで立ち上げたところ、順調に立ち上がりました。 しばらくこれ使ってみるか。

0 件のコメント:

コメントを投稿