2007-03-14

YAMAHA RT107e の設定調査

先日購入した RT107e で、LAN側に複数の IPv4 ネットワークセグメントを持てるような感じのコマンドインターフェースになっていたのだ。 たとえば IP アドレスを設定するLANのインターフェースの名前が、lan1, lan1/1, lan1/2 とかいうのが lan1/8 まであるという具合になっていて、こんな感じのコマンドがたたける


ip lan1 address 192.168.100.1/24
ip lan1/1 address 192.168.11.1/24

これの lan1lan1/1 の違いは何か、と思って、4つついているEthernetのポートにケーブルつなぎ変えたりして見たものの 192.168.11.0/24 を Ethernet interface に設定したPCから ping 打って 192.168.11.1 から応答することが無かった。 んでしばらく調べていたら、この lan1/1lan1/8 は、vlan (IEEE 802.1Q) の VLAN ID をそのインターフェース名に設定することによって使えるようになるらしい。 こんなコマンドをたたくと、VLAN ID 10 を lan1/1 に設定して、その VLAN で 192.168.11.1/24 を設定するという具合になる。


vlan lan1/1 802.1q vid=10 name=vlan1
ip lan1/1 address 192.168.11.1/24

とかいうのが ヤマハのRTのページ を見て理解。


本当にコレで動くのか試してみようと思ったのですが、VLAN対応機器が手元に無い。(汗)


とかなんとか検証とかはじめると、自分用のマシンルームというかラボ環境が必要になってきたな。。 ワイヤーフレームラックでももう一つ買ってくるか。

0 件のコメント:

コメントを投稿