2007-01-21

自分の実績

こんな身分でもありますので、それなりに次の職場どうするっていうことについては動いているわけであります。 って、元上司や現上司、同僚が見ているところで堂々と書く俺もオレですけど。


現職と前職で何をしてきたのかなんていうのを、職務経歴書にまとめたり、どれがどれだけ凄かったかなんていうところを説明するとかでいくと、前職の仕事は期間が4年あったためかバラエティに富んでいるなと思いました。 現職はどちらかというと、2つぐらいの期間にわかれて、同じようなことの繰り返しの感じでした、といったほうが良いのかもしれません。 っと書くと現職の2.5年は無駄だったのか、というとそんなことは決してなく、いろいろと貴重な経験はさせていただいたのですけど、全体的にマッタリ気味だったと思うんです。


ただ、今までの仕事で「凄かったのです」というのを簡単に説明するのに便利な案件は、前職のほうが多かった。 「X Window System の changelog に名前が載っています」「雑誌で連載持っていました」とか、「詳細はググって調べてね」って言い捨てれるほどに文章にしやすい内容が多いんですよね。。


これからのキャリアパスも考えていかねばならないのですが、何が得られて何を生産できそうか、どんな実績となって、それを上手に説明する方法を考える、っていうのが、転職時とかには必要なのかな、と思った次第です。

0 件のコメント:

コメントを投稿