[Windows]


ハードウェアベンダやユーザなどの様々な利害関係者が Microsoft でなく Linuxを選択する要素として、そして Microsoft が Linux バッシングをしまくる理由として、今回この弁護士が「研究開発体制の問題」による脅威なんじゃないのか。この「問題」というのは Microsoft の方針などからすると悪い問題なんだけど、それ以外の者にとってはイイものだったりするんだよな。



研究開発体制に問題があるって言うんだったら、それを Microsoft の代理人が言うんじゃなくって、ハードウェアベンダとかを参考人にして、そいつが言うべきものなんだけどね。この件に関して見直してみると、Microsoftの代理人の発言は「Microsoft による圧力があった」ということに関して、白黒を付けるというための反論には全然なっていないぞ というのがボクの感想。

コメント

このブログの人気の投稿

大型特殊自動車免許を取った時の話。

パスワードを覚えるのも無理があるから、パスワードマネージャ使いましょう。

ICOM IC-7300 と RS-BA1 Version 2 でリモート操作