[Computer] WindowsMediaPlayer 対 Ogg


WindowsXP に収録されている WindowsMediaPlayer だと、CD-ROM ドライブから音楽 CD の内容を rip して WMA にすることができるようになっている。逆に言えば、WMA にのみ変換できる。なぜ MP3 などに変換できないようになっているかと考えると、素人的には単に「Microsoft 独自のフォーマットにのみ対応していればイイじゃん。最近のポータブルな機器でも WMA 聞けるしさぁ(by Microsoft の企画のお偉いさん)」というかんじなのだか。まぁ独自フォーマットラブラブでずっこけるというのが いつものオチであって、今回の件もそうなりそうな予感がする、というかそうなって欲しい気持少々あったりするんだけどね。



んで、対する ogg の方なんだけど、これを聞くには Unix なら XMMS とかで、Windows では Winamp なんかを使えばオッケーという感じで、けっこう色々な環境で利用できるんじゃないかなぁと思ったりはする。



そうそう、本題のほうなんだけど、WMA のビットレート 120k ぐらいで rip したときに気付いたんだけど、妙に音にフラツキ感があったんです。えーっと、昔の初期のころの MiniDisk みたいに 部分的に音量小さくなったというかなんか詰った感じというか、そんな感じだったんです。それに対して Ogg ではそのような感じが全然なくて…。もしかして WMA って Sony の ATRAC 使っているのかなぁ。

コメント

このブログの人気の投稿

大型特殊自動車免許を取った時の話。

パスワードを覚えるのも無理があるから、パスワードマネージャ使いましょう。

ICOM IC-7300 と RS-BA1 Version 2 でリモート操作