友誼関経由でベトナム→中国を陸路で帰ってきました。

友誼関の中国側。この数時間後に国境閉鎖されたそうです。

無事にハノイから中国に入国し、南寧経由で翌々日に香港へ帰りました。

上記写真は2014年5月16日の中国時間13時頃に友誼関の中国側入国を済ませた後の写真です。 香港に帰ってからニュースを見たところ、この写真の2時間ほど後には閉鎖されて人民解放軍が展開したとの情報。 間一髪でした。

Google location history より。
Google location history より。

バス出発 ハノイ市街

朝7:30をハノイのバス屋から出発。 昨日は9:30のバスの予約をしたのですが、国境閉鎖もありえるよなと思い、早めにバス屋に行って2時間早いバスに乗せてもらいました。 バスは3分の1が埋まる程度、たぶんほぼ全ての乗客が中国人でした。 何だかんだと帰国しているのでしょう。

ハノイ市街は特に混乱していませんでした。 たぶんいつも通りの出勤時刻でカブ渋滞。 お巡りさんは交通違反の取り締まりに精を出していました。

ハノイのAEON MALL
ハノイのAEON MALL

なぜか私が行く東南アジアには、ドコにでもAEONがあるのですが、プノンペンにつづいてハノイも完成前のAEONでした。 こっちは建物がまだ出来ていません。

AH1休憩

アジアハイウェイAH1の途中で小休憩。 この道路が北朝鮮を除いて中国・韓国・日本と続いているのだよなと思うと、なかなか素敵です。 霞ヶ関→首都高渋谷線→東名高速→名神→中国道の続きが田舎道ってのも面白いです。

ベトナム側のバス駅 バス駅から国境へ。

ハノイからバスに揺られて4時間、友誼関のベトナム側バス駅へ到着。 車内は結構静かでした。

Wikipedia:友誼関

バス駅から、ゴルフ場カートみたいなクルマに乗り換え、ベトナムのイミグレの建物へ。 ベトナム側で写真を撮っているのは日本人のオレだけ。中国人の皆様は写真撮影せずに緊張した面持ち。このご時世にスパイ容疑とか掛けられたらマズいからでしょうね。日本人はせいぜい「写真を消して」と言われるだけですが。

ベトナム出国後、中国側のイミグレの建物へ移動中。 砦っぽいものもあります。

友誼関の砦? 友誼関のフランス風建物?

中国側に入国。 冒頭の写真にもあるように、中国人の皆様は入国後に安心したのか写真撮影を始めていました。 なので便乗してカメラを渡して撮ってもらいました。 ここで皆さんやはり私以上に緊張していたのだなぁと実感。

パスポートのスタンプ欄

友誼関が閉鎖される日の出入国日が押されたパスポートの査証欄。 地名にあるように、友誼が戻る日が早く来ると良いですね。。

この後の南寧行きバスは、中国らしく賑やかになりました。 英語のできる兄ちゃん達と話をしていたところ、彼はホーチミン市へ仕事で出張して、帰国しているところだそうです。 間一髪の脱出だったのでしょう。 彼のパスポートの査証欄を見ると、ベトナムへの往復が何度もありました。 彼の仕事が今後厳しくなるのかなと思うと、何も言えず。

ちなみに中華民国は金門島にだけ出入りしたことのあるパスポートを見せたら、みんな大爆笑でした。

ハノイ観光

2日に渡る長時間移動の疲れも、長時間睡眠による回復。 ホテルの近所に博物館などなどが多くあるみたいなので、徒歩で散策。

線路
線路

ハノイの線路。 列車が少ないせいか、普通に人が歩いていたり、物がぶつからない程度に置いてあったりと。 列車通過時には片付けるんですかね。

戦争証跡博物館の入場券
戦争証跡博物館の入場券

戦争証跡博物館
戦争証跡博物館

戦争証跡博物館
戦争証跡博物館

戦争証跡博物館
戦争証跡博物館

最初の博物館は戦争証跡博物館。 ベトナム戦争に関する品が展示されています。
米軍が使っていた高機動車のサスペンションが四輪独立懸架だったり、古い真空管無線機が展示してあったりと、そっち方面だけ興味を持ったりと。

レッドブル
レッドブル

一通り見た後に、茶店でレッドブルを飲んでみたり。 2万ドンなので約1USDでした。

ホーチミン博物館の隣のお寺
ホーチミン博物館の隣のお寺

お寺のネコ
お寺のネコ
お寺内部
お寺内部

ホーチミン博物館の隣にあるお寺へ。 ネコが2匹寝ていて可愛かったです。

ホーチミン博物館

ホーチミンさん
ホーチミンさん

ホーチミン博物館。 事前情報ではカメラなどの持ち込み禁止と聞いていたのですが、特に其のようなこともなく。 手荷物検査はありました。 

ホーチミン廟
ホーチミン廟

ホーチミン廟前の国旗
ホーチミン廟前の国旗

隣のホーチミン廟近くへ。 中へは入れないので外から見て終わり。

お昼ごはんのお店
お昼ごはんのお店

お昼ごはんはフォー
お昼ごはんはフォー

お昼ごはんは繁盛している感じのお店で。 フォーを頂きました。 他の地域で食べるフォーってサッパリ味という印象なのですが、ここはガツンと味がします。

ホアンキエム湖
ホアンキエム湖

次はホアンキエム湖。

玉山祠への橋
玉山祠への橋

玉山祠
玉山祠

玉山祠
玉山祠

湖に浮かぶ島は入場料4万ドンぐらいで入れます。 玉山祠というお寺があります。

玉山祠の亀さん
玉山祠の亀さん

伝説の亀さん。 HO GUOM 亀。 シャンハイハナスッポンという品種だそうです。

ホンダ屋
ホンダ屋

ホンダ屋
ホンダ屋

ホンダ屋の在庫車
ホンダ屋の在庫車

ホンダのバイクを売っている本田屋があったので、外からジロジロと見ていたら店員さんにオイデオイデとされたので中に入ることに(笑) 値段が特に表示されていない上、言葉も通じないので値段はわかりません。 120cc前後のカブ型やスクーターが多かったです。 店の外には大量のホンダが。 市内をウロウロした感じでは、ホンダのお店が一番立派な店を構えていました。 途中で見たベンツ屋よりは立派なお店でした。

バスチケット屋
バスチケット屋

中国方面のバス
中国方面のバス

明日のバスチケットを購入すべく、バスのりばになっている旅行代理店へ。 バスの行き先を見たら南寧だけでなく広州もあるんですね。 何時間掛かるんだろう。 一般的に考えると、友誼関経由だとしたら、ハノイ→友誼関が4時間、関所通過に1時間、友誼関→南寧が4時間、南寧→広州が10時間なので、19時間ぐらい掛かるんですかね。 すげぇ。

国立博物館
国立博物館

トコトコと歩いていたら国立博物館を発見。内容としては戦争博物館やホーチミン博物館などに似ています。 それより前の歴史って殆ど無いの?

国立博物館のクルマ
国立博物館のクルマ

国立博物館に展示してあったクルマ。 車名を見たらロシア語っぽいものが。 タイヤはオフロード車用のもので、前輪はブリジストン、後輪がMAXXISと、不思議な構成。

HIGHLANDS COFFEE
HIGHLANDS COFFEE

ハイランドコーヒーで休憩。 ベトナムコーヒーを味わったり。店内は写真撮影禁止。

本屋
本屋

本屋
本屋

ハノイ郵便局の近くが本屋街になっていました。 本屋いいっすね。

電器屋
電器屋

電器屋さんを発見したので中に入ってみました。 東南アジアにしては珍しく日本ブランドが前面に、後ろ側にSamsungとLG、さらに端っこに中国のHaierがという展示でした。なぜか日本ブランドが強いんですね、ベトナム。 テレビはSony, Toshiba, Sharp といった順番に並んでいました。

ホテル日航ハノイ
ホテル日航ハノイ

ホテル日航ハノイ

ハノイ駅を過ぎて更に南下すると、ホテル日航ハノイ。 このホテルというかホテル前の交差点はテレビ番組「水曜どうでしょう」の「原付ベトナム縦断1800キロ」の出発地としても有名です。

それでは、有名な大冒険から12年経った、あのハノイの交差点を御覧ください(笑)

水曜どうでしょうの交差点
水曜どうでしょうの交差点

水曜どうでしょうの交差点
水曜どうでしょうの交差点

水曜どうでしょうの交差点
水曜どうでしょうの交差点

水曜どうでしょうの交差点
水曜どうでしょうの交差点

水曜どうでしょうの交差点
水曜どうでしょうの交差点

「カブ乗りとしては天国、騒ぎますな血が。」

当時の様子はこんな感じです。 (27:48から)

私がスーパーカブを買ってしまった理由の一つに、実はこの番組も含まれているんです。(笑) 僕のバイク人生の原点の一つ、聖地の一つ。

スーパーマーケット
スーパーマーケット

なかなか見つからないスーパーマーケットですが、ホテル日航の斜め前にありました。 つまり、あの交差点に飲み込まれて渡りました、徒歩でw

お店の前
お店のまえ

さて晩御飯へ。

晩御飯のお店

晩御飯 Vermicelli Soup
晩御飯 Vermicelli Soup

晩御飯のウナギのスープ
晩御飯のウナギのスープ

昨晩と同じくウナギのスープが美味しいお店へ。 二晩連続して行ったら、店員さんが覚えていたみたいで、スグに英語で対応してくれたりと。 2つで6万ドン(3USD)でした。 美味しかった!