アマチュア無線の試験

IMAG0701

ホテルにプールがあるとのことで行ってみた。 小さいプールでした。 Joggingに行ったほうが良かったなww

DSC01679
DSC01680 DSC01682

朝ごはんを食べにホテル近所の downtown へ。

DSC01683 DSC01684

繁盛しているドーナッツ屋さんを発見したので、ベーグルのセットを注文。 全部で8ドルぐらい。 ここ数日の中ではコストパフォーマンス最高。 美味しかったです。

DSC01687

Browadway 駅から CalTrain 乗務

DSC01691 DSC01692

車内は2階建てで、こんな具合。

DSC01700 DSC01701DSC01704 DSC01705

Redwood City に到着して、アマチュア無線試験の会場である図書館まで移動。 街が整然とまとまっているところを見ると、まるでSimCity。

DSC01706 IMAG0703

で、無線の試験は Technician, General と合格。 最上級の Extra は全く勉強できていなかったので、今回は辞退しました。 日本のアマチュア局の資格で「アメリカ合衆国 General Class」と書いておけば、今の3アマより多くの周波数が出せる模様。 2アマ相当でしたっけ?

アメリカ合衆国でのアマチュア無線の試験は、 VE ( Volunteer Examiners) と呼ばれるボランティアの試験官により実施され、1回15ドル。 VE が集まればFCCから試験を受託できるという具合。
試験会場の利用できる間は何度でも試験に再チャレンジできる。 1回15ドル。 免許を持っていない人は Technician → General → Extra と1つずつ合格していく必要があり、 Technician に合格すると General を、General に合格すると Extra を 同じ料金のまま受験できる。

試験内容は Question Pool と呼ばれる問題集があり、この範囲から出題される。 計算問題とかも数字は同じまま。 4択をマークシートに解答し、試験官の採点時には図を書くときのテンプレートみたいな道具で、正答部分に穴が開いていて、採点する仕組み。 なのでスグに点数計算できます。

今回は http://www.amateur-radio.org が開催する試験に参加。 試験会場は和気藹々。「日本から来ました」と話をしたところ、みなさん大歓迎。 さすがに観光ついでに来る人は少ない模様。 試験会場が10:00から12:00まで予約を取ってあり、10:30 から試験開始。 Technician -> General と試験を受けて 11:30 ごろになっており、「Extraも受験していきますか?」と聞かれたが無勉強なため辞退。

試験後、試験官の方が私の滞在するホテルのバーリンゲーム方面に奥様と行くから、クルマに一緒に乗って行きなよ!とお誘い頂いたので、ホテルまで送っていただいた。 道中、シリコンバレー事情についてお話を伺ったりと。 25年前に某半導体メーカーをリタイヤなさったそうで。 シリコンバレーでも電子・コンピュータ関係の先輩方にアマチュア無線家が居るんですね、日本と同じだ。