2014年10月3日の旺角デモの様子

ニュースで反デモを名乗る人たちが旺角のデモの場所に行き暴力事件を働いたという内容を聞き、どうなっているのかと思い、帰りに立ち寄ってみた。

彌敦道・旺角道の交差点
彌敦道・旺角道の交差点

彌敦道・旺角道の交差点
彌敦道・旺角道の交差点

前日まで死火(エンスト)したバスが停まっていた交差点。厳密には「エンストしたことになっている」ですかね。撤去されていました。

彌敦道・旺角道の交差点近くの携帯電話屋さん
彌敦道・旺角道の交差点近くの携帯電話屋さん

その辺の携帯電話屋さんの店頭では、携帯電話の充電サービスやっていました。上手に商品を揃えると、携帯バッテリーが売れるんじゃないですかね、とか思ったり。

彌敦道を南向きにに中央分離帯から
彌敦道を南向きにに中央分離帯から

一番混雑している亜皆老街との交差点方面。だんだん人が増えてきました。暴力事件の後に民主デモの人が減ったとかいう話があったのですが、一昨日より寧ろ増えていますね。

彌敦道・亜皆老街交差点近く
彌敦道・亜皆老街交差点近く

彌敦道・亜皆老街交差点
彌敦道・亜皆老街交差点

彌敦道・亜皆老街交差点
彌敦道・亜皆老街交差点

彌敦道・亜皆老街交差点
彌敦道・亜皆老街交差点

彌敦道・亜皆老街交差点
彌敦道・亜皆老街交差点

デモの中心部はナカナカの混雑ぶりです。殴り合いとかはしていないのですが、罵倒大会を繰り広げていました。

ここに居る反デモ集団ですが、いくつかの説があり、自称デモに反感を持っている一般市民、デモで売上現象して怒ったヤクザ、警察か政府か北京に雇われたヤクザや粗暴な人、警察が私服を着て暴れている、などのネタがあります。一気にまとまって1千人程度がやって来たとかいう話なので、一般市民がいきなり襲撃してくるとかは難しいでしょうね。デモ賛成派の人たちとしては、政府や北京が後ろ盾となり、警察、ヤクザ、粗暴な人を雇ったりしているのが有力なのでは、という話です。

実際に「お前幾ら貰ったんや?」と聞かれて「いくら貰ったかなんて関係ない」「あぁ貰ったさ!」と行ってしまう粗暴な人も居たみたいです。 (動画の 0:30 あたりから)

破壊されたバリケードを修理
破壊されたバリケードを修理

破壊されたバリケードを修理
破壊されたバリケードを修理

反デモ集団が来た時に壊されたバリケード、早速修復されています。