プノンペンを出発

博物館の後は、ホテルに荷物を取りに行ってから空港へ。

カンボジア王宮王宮前のメコン川沿い

カンボジア王宮の前などを通過したり。 なかなか立派な建物です。

建設中のAEON

「AEONを見に行きたい」と運ちゃんにお願いして連れて行ってもらったら、なんと建設中! お土産をチョイと買おうかと思っていたのに… 完成は2,3ヶ月後だそうです。

途中に有った車屋

途中に有ったクルマ屋さん。 並んでいるLexusとか見ると最新モデルっぽいのですが、新車ですかね。 というか Lexus はカンボジアではお店を出していないみたいなのですが、このクルマどうやって引っ張ってきたんだろう。

プノンペンで走っているクルマを見ていると、圧倒的にトヨタが多くて、セダンだとカムリが古いものから最新モデルまでイロイロと揃っている。 中古車の場合は、古いものだと右ハンドルのマーチやRAV4などがあり、最近のものでは左ハンドルばかり。 ちなみに右側通行なので、本来は左ハンドルのはず。 最近は右ハンドル車の登録ができないんですかね。 自動車リサイクル研究会のWebページによると、左ハンドル車は欧米などの中古を持ってきているんだとか。 なるほどね。 本国で中古車価格が格安になっていても、適度なメンテさえすれば走る車がトヨタぐらいと考えると、まぁこういうシェアになるんでしょうね。

車種で目立つのが、 Lexus RX, GX, ランドクルーザなど。 その次に目立つのが Land Rover。 いわゆるオフロードも走れる四駆が人気なようです。 不整地が多いためでしょうかね。

プノンペンの街並み
一路空港へ街角

まぁそんな高級そうでガソリン代も高くつきそうな車を横目に、こっちはTuktukで空港へ。 Tuktukの客車のほうも、大したサスペンションが付いていないので、路面がダメなところではよく揺れますw スーパーカブより乗り心地悪いですw

日本の予算で建てられている陸橋

Tuktukのオッチャン曰く、日本の予算で陸橋を作っているらしい。

砂埃の中

途中の道路が砂埃イッパイ。 オッチャンはヘルメットしているからマダましだろうけど、コッチはマスクもしていないよ。(笑)

マルハン Japan Bank
マルハンの広告の根本には「独島」

空港に向かう途中に、マルハンJapan Bankなる看板を発見。 マルハンってパチンコ屋のマルハン。 凄い違和感を感じつつ、看板の根元を見たら「独島」なるヨロズヤが。 もうちょっと看板設置する場所について注意してほしいなぁ、少なくとも会社名にJapanなんて入れている手前… と思いつつ。

TukTukのオッチャンと記念撮影

空港に到着して、オッチャンと記念撮影。 撮った写真を確認したら、空港の警備員のオッチャンまで入っているw

プノンペン行ってみます。

フラッとキャセイパシフィック航空の期間限定安売り航空券の Fan Fares を見ていたら、プノンペン往復が800HKD+燃油税金ってことだったので、チケット注文してしまった。 総額で 1600HKD、日本円で2万円もしないぐらい。 出発は今週末の23日(日) – 帰りが26日(水) の3泊4日。 初カンボジア、初プノンペン。

航空券を買ってしまったので、とりあえずカンボジアへの入国について調べてみる。 カンボジアの入国は、日本人の場合はビザが必要とのこと。 カンボジア外務省のWebサイトに e-Visa というページがあるので、ここで申請してクレジットカードで28USDほど支払えば、翌営業日ぐらいにはメールでVisaのPDFが送られてきます。 同じものを2つ印刷して、片方は入国審査時に、もう一方は滞在時に保管してね、とのことでした。

スクリーンショット 2014-03-19 12.27.21

あとホテルは適当にAgodaで予約しておいた。

その他、調べていて気づいたこと。

  • 法定通貨はリエルなのだが、USドルが普通に使えるとのこと。銀行ATMで引き出すとUSDが出てくるんだって。 支払いはUSD、お釣りはリエルってことらしい。
  • 携帯電話のSIMカードは、プノンペン空港に到着して直ぐのところにSIMカード屋があるらしいので、そこでSIMカード+データ通信のバウチャーを買えば良いらしい。
  • 地下鉄などはプノンペンにも無く、路線バスも無きに等しいらしい。 観光客は白タクにでも乗れとのこと。 詳しいことは飛行機に乗っている間に、隣のオッサンにでも聞いてみます。

っと、このビザの写真を乗せたら、姓名が逆になっていないか?というツッコミが。 訂正依頼のメール書いておいたところ。