Endfed antenna Matchbox を制作

Endfed アンテナというか Long wire antenna の Matchbox として、 9:1 unun を作ると良いみたいなので作ってみました。

どうやら動作原理はこんな感じのようです。

  • 1/2λの整数倍として動作させた場合はインピーダンスが450Ωとなる。
  • カウンターポイズが必要だが、同軸ケーブルの外皮側でOK
  • よって数メートルの同軸ケーブルで接続する必要がある。私の場合は5mや10mの同軸ケーブルを利用。
  • random wire antenna のエレメントについて調べていたところ、16.45mが良いらしい。

作成方法ですが、 EARC Hawaii のサイトにあるPDFを元に作成しています。準備したものはこれらです。

  • フェライトコア T130-2
  • 適当な耐熱電線を40cm×3本
  • 同軸コネクタ。私の場合はBNCが好みなのでBNC-J
  • バナナプラグのソケットを2個(赤と黒)
  • ケース
  • コイル巻きで電線を固定するための細いインシュロックタイ
  • 固定するためのホットボンド

工具としてはケースに穴あけできるドリルとピット、ハンダゴテ、ケーブル切断のためのニッパーやケーブルストリッパー、などなど。

これらの部材を揃えたものが大新無線さんのbalun, unun のページにもありますので、まとめて買われる方はコチラもどうぞ。 またEARC Hawaii やeBay などでもKitや完成品を売っています。

コイルに耐熱電線3本をまとめて9回巻きます。 今回使った電線では9回巻くのが限界だったのでちょうどよかったようです。

今回は適当に選んだ3色(白、紫、赤)なので、各々をABCとして、各々の両端を1,2として説明します。

  • A1を同軸コネクタの外側(GND)とバナナプラグ黒に繋ぐ
  • A2とB1を同軸コネクタの内側に接続。コイルと同軸コネクタの間の2本の電線は捻っておきます。
  • B2とC1を接続
  • C2をバナナプラグ赤に接続

接続箇所は半田付けしておきます。またコイル部分は巻いたあとにインシュロックタイで固定して、更にホットボンドを塗って固定しました。箱の中出コイルが動かないように、コイルとはこの間もホットボンドで固定しています。

箱詰めして完成。本当は450Ω抵抗を両側のバナナプラグ端子に繋いで確認すべきですが、ズボラな私はそのままで。

赤色のバナナプラグ側から輻射するので、赤色の方に16.45mの電線を接続し、可能な限り地面から遠ざけて設営します。黒色のほうには予備のカウンターポイズとして5mの電線を接続し、地面に置きます。 また同軸ケーブルの外皮側もカウンターポイズとして動作するので、適当に地面に這わせておきます。

色々と合わせて、3LのタッパにElecraft KX3もセットで入れられるようになりました。

いくつか試してみたところ、3.5MHz と 7MHz, 14MHz, 21MHz, 28MHz, 50MHz では Elecraft KX3 のATUでマッチ可能でした。 3.5MHz はどう考えても1/4λで動作していますよねコレ。

先日、八丈島のホテルで試してみたところ 14MHz CW でブルネイと交信できたので、結果にも満足。

 

 

東京都島嶼総合防災訓練へ参加しました 2017/11

東京都の島嶼総合防災訓練があり、日本アマチュア無線連盟東京都支部の訓練のお手伝いで八丈島へ行きました。

往復は竹芝客船ターミナルからのフェリーでした。片道10時間で往路は夜10時頃に出発して翌朝9時頃に到着します。20:30ぐらいからチケットの発売があるので、ソレぐらいの時間には竹芝桟橋に行きましょう。

2等和室で片道8,040円、往復16,040円でした。

まだ眠たいぐらいの頃に経由地の三宅島に到着し、1時間ほどで御蔵島へ到着します。出発時には御蔵島への接岸はできないかもしれないとのことでしたが、三宅島を出る頃に御蔵島への接岸を試みるとアナウンスがありました。接岸の難所で有名な御蔵島ですが、今日は接岸できました。

御蔵島の埠頭には宿泊施設からの送迎と思われる車がたくさん来ていたのですが、彼らにとっては接岸できるできないによって売上が大きく変わるはずなので、今日はホッと安心されたのではないでしょうか。

そして八丈島の底土港に到着。送迎のバスに乗り、宿泊地の八丈ビューホテルへ行き荷物を置いてから、訓練会場の八丈高校へ移動。

訓練会場ではテントが準備されており、テントの足を利用して 3.5MHz, 7MHz のバンザイアンテナ (V型Dipole) と 144,430MHz 用のグランドプレーンアンテナを設営。

 

我々が設営している横では、明日の訓練当日に向けてリハーサル実施中。警視庁の珍しい車や、消防庁のヘリコプターから救助スタッフが降りてくる練習などなど、いろいろとやっていました。

設営などが終わったら、ホテルに戻って少し休憩してからの晩ご飯

オードブルの地元の魚の刺し身から始まり、金目鯛1匹の煮付け、カジキマグロの陶板焼きなどなどが続いていました。

 

面白かったのが、この「亀の手」という食べ物。フジツボみたいに岩礁に生息しているらしいです。食べられますが身は大して美味しくないですが、カメノテの出汁の利いたお味噌汁は美味しかったです。

夜は青ヶ島にいる仲間と 433MHz で八木アンテナを使ってホテルから交信。 八木アンテナがなくてもハンディー機で八丈島・青ヶ島は普通に交信できます。あとは宴会が忙しかったです。

翌朝のホテル前の景色。 ビューホテルというだけあって、景色が良いです。

訓練当日の会場の様子。 1人がHFなどで運用、1,2人でWires-Xの運用、2人ぐらいが来客への説明、といった分担をしておりました。

来客への説明の対応をしていたところ、良さそうな反応を示してくださったのは、このような内容でした。

  • モールス通信がいまでも出来ます、というか今時アマチュア無線ぐらいしかやっていないです。練習用の機材はネットで調べると面白いものが幾つかでてきます。
  • 八丈島から青ヶ島まで、ここにある手持ちのトランシーバー(ハンディー機)でもアンテナの設置場所次第で交信できるところ。
  • 機材の値段が数万円から始まるところ、試験会場が東京の晴海のみというところで、子どもたちに試してもらいたいということは言いづらいが、興味を持つ生徒には勧めたいという先生のコメント。
  • 「崖の上のポニョで見たことがある」という子供のコメント。予想以上に彼らはよく知っている。
  • 大人たちが子供たちにアマチュア無線の免許を取らせてみたいと考えている傾向がありそう。法律や物理の勉強という意味では教材としては優秀なのかも。でしたら、ぜひ大人もアマチュア無線の免許を取りに行って下さい!

もちろん訓練なので自衛隊サンも来ていました。

 

訓練の後には荷物の撤収をしたり、夜の宴会の買い出しをしたり。

スーパーでクサヤを買っていていたところ、店員さんによると八丈のクサヤより新島のほうが臭いとかいう話が。。この辺は新島の人にも聞いてみたいところだ。

2日目の晩ご飯の献立。

2日目の晩ご飯で美味しかったのがドラゴンフルーツとマンゴー。流石に時期ではないので冷凍ものですが、ドラゴンフルーツの甘さも強いです。さすが日本産。

夜は青ヶ島の仲間と7MHzで交信することとなり、いつもの Long Wire antenna と Elecraft KX3 を出して交信。

 

最終日は朝にフェリー乗り場へ。

出港。

帰りも順調に御蔵島へ接岸しお客さんが乗り降り。青ヶ島に行っていた仲間が御蔵島へ先に移動していたので、彼と無線交信してから出港。

 

三宅島も経由してから竹芝へ。

東京湾へ入る頃には富士山の影がキレイに見えました。

 

八丈島の仲間にお願いして、フェリー出航後に八丈島で握られ、全日空機に載せてもらい、羽田で受け取ってもらった島寿司。

アオダイの島寿司、美味しかったです。

そしてクサヤも美味しかったです。

 

サンフランシスコで乗り鉄活動: Oakland

旅行者の身分なので自家用車なども持っていないので、この際なので徹底的に公共交通機関を使って移動してみた。

まずは BART に乗って Fruitvale へ。湾の区間はトンネルで、海を抜けると高架区間となります。初めての Oakland。


目的地は Ham Radio Outlet 。 駅から1.5kmほど歩きました。 この店の店員は無愛想、 Sunnyvale のお店だとお客がタムロしていたりしたので、店によって雰囲気が全然違いますね。



その後はバス2台を乗り継いてフェリー乗り場へ。

フェリーの船内ではビールなども売っているせいか、気軽に飲んで騒いでいるお客も居ました。

で、サンフランシスコの港に到着。

Elecraft KX3 保証認定

重い腰を上げて、やっと保証認定書類を作成提出し、先日保証認定をJARDより頂きました。

提出した送信系統図と諸元などをGoogle Docsに置きましたので、ご参考頂ければ。

工事設計書の終段管のところには適当に電圧12V、定格10Wと書いてOKだったようです。

申請書類を郵送して3週間ぐらい音沙汰なかったのでメールで問い合わせたところ、確認事項が1箇所あるとのメールで返事があり、これまたメールで回答したところ、翌日には認定降りました。 確認事項があるとはいえ、3週間放置は酷いなぁ。

まともに機能する認証機関がないのならば、アマチュア無線は包括免許で良いんじゃないのかと改めて思う次第。

三菱i バッテリー直結

無線機を使うにあたり、電圧降下が少なくなるようにバッテリーから直接電源を取る「バッ直」をおこなってみました。

室内とバッテリーのあるボンネットの間では、ちょうどゴムの部分があったので、ここから通線。

室内はちょうど真ん中あたりに線が出てきますので引っ張ります。

あとはバッテリーのプラス側にも結線して完了っと。

ハムフェア2016に出展

8月26日(土),27日(日) のビッグサイトで開催されたハムフェアに、三文字クラブで出展いたしました。今年もジャンク屋を開店していました。

1日目の駐車場

初日は大雨でした。朝の搬入時には会場の横まで車を付けられたので、雨にあたらずに商品搬入できましたが、会場となっている西側の建物横の駐車場が工事中だったため、車は遠くの東会場となりの海側の駐車場に駐車することに。

ハムフェア会場入口

開場時間前の会場入口。思った以上に来客が多かったです。後の主催者発表によると来場者数は初日が2.5万人、2日目が1.2万人とのことでした。こんなに人が集まるんですね。。

三文字クブラ?

「三文字クラブ」と掲示するところを間違えて「三文字クブラ」となってしまいました。文字の並びはズレていますが、紙の場所はズレていないのでそのままで。。よく見たら「世田谷区非常通信連絡会」の書体が中国語でした。

お客さんイッパイ

ジャンク屋大盛況

三文字クラブの会員の皆様からのご提供いただいた商品ジャンルがアマチュア無線と大きく関係しないものも多く有ったため、品揃えが賑やかとなり、多くのお客様にも見ているだけで楽しいと思っていただけたのではないかと思います。 大盛況でした。

ノムさんローテク工房でのFT-817スタンドの作り方紹介

となりのブースは のむさんローテク工房 さんで、マイクロスイッチを使ったモールス通信用電鍵などを販売されていました。 FT-817 用スタンドを100円ショップのスマートフォンスタンドで作る方法も紹介されていました。

リチウムイオン電池研究会で展示されていた FT-817スタンド。金属板1枚でOK

次はリチウムイオン電池研究会で展示されていた FT-817 のスタンド。本体裏側のアース用のネジを使って金属板1枚を留めるだけでOKとのこと。

Elecraft KX2

Elecraft KX2を展示されていた方もいらっしゃったので、写真をパチリと。

2日目の駐車場 12日目の駐車場 2 2日目の駐車場 3 2日目の駐車場 4 2日目の駐車場 5

2日目の駐車場は一般入場できず出展関係者のみの駐車となりました。皆さんアンテナを大量につけており、面白かったです。

2日目のジャンク屋

2日目もジャンク屋さんは大盛況でした。

6m and down Contest で雁ヶ腹摺山

2016年7月2日の21時から翌日3日の15時まで、アマチュア無線の 6m and down Contest が開催されたため、山梨県大月市の雁ヶ腹摺山へ移動運用に行きました。 雁ヶ腹摺山への登山は昨年の8月のField Day Contest以来で4回目、雁ヶ腹摺山での6m and down contest への参加は3年ぶりで2回目、となりました。

夜明け前の談合坂SA

前日は寝すぎたなどの理由もあり寝付けなかったので、自宅を出発したのは3日の夜中3時前。途中の談合坂に4時頃に着いたのですがうるさかったので、雁ヶ腹摺山への登山口のある大峠へ移動。大峠で1時間近く休憩してから登山開始。

大峠に到着

登山口の大峠に到着した頃にはだいぶ明るくなっていました。ちょうど大峠で無線をされている方が居たのでお話を聞いたところ、大峠で短波運用はナカナカ良いとのことでした。意外。

登山開始 0538

5:40ごろには登山開始。途中で登山方向の1人と、下山される2人に遇っただけでした。

山頂まであと少し 0631

いつもの不思議な岩を越えて、山頂近くの原っぱに来たのが 0631。

山頂からの富士山 0635

山頂からの富士山。梅雨時なので山頂に雲が残っているのは仕方ない範囲でしょうかね。

雁ヶ腹摺山 山頂 0636

山頂に到着したのが 6:36 ごろ。

登山の様子をGoProで撮影したので、20倍速にしてみました。

設置したアンテナ群

アンテナは木に引っ掛けて設営。

今回持っていった装備は、下記のようになりました。

  • FT-817ND: All mode transceiver 50MHz ~ 433MHz, 5W。中華リチウムイオン電池装備
  • Alinco DJ-G7 : FM Handy transceiver: 144, 430, 1200MHz
  • 50MHzはポケットダイポール、144MHz と 430MHz は 3ele 八木アンテナ、1200MHz は先日作った5eleのプリンテナ
  • 交信記録のためのパソコンはマウスコンピュータの安いWindows Tablet機

交信数は全部で261でした。最初に交信記録のためのパソコンの電池が交信数190件を記録した頃に無くなり、交信記録を紙で80件近く記録し、その後はハンディー機の DJ-G7 の電池が無くなり、最後に FT-817NDの電池が13:44に無くなりました。

帰ってから点数などを計算したところ、このような結果に

         QSO  Pts  MF
50MHz:    71,  71, 11
144MHz:   52,  52,  8
430MHz:  117, 117,  9
1200MHz:  21,  21,  6
---------------------
合計:    261, 261, 34
総得点: 8874点

* QSO=交信(数)  * Pts=ポイント * MF=Multi factor/都道府県数

電波が出せない状態となったので撤収作業を開始し、15時ごろに登山口まで下山。

下山して片付けが終わった頃には私一人に

下山して片付けなどをしていたら私の車以外は皆様お帰りになられていたようです。皆さん行動が早いですね。

石和温泉の銭湯で豚バラ焼肉定食

その後は笛吹市までドライブし、イツモの石和温泉銭湯で入浴と早い晩ご飯。登山後の豚バラ焼肉定食は美味しいです。

釈迦堂PAで買った信玄桃(本物の桃)

お土産に何かを買っていこうと思い、釈迦堂PAでちょうど桃を発見したので購入っと。

金時山登山 2回目

歩行記録

5月29日は神奈川県足柄下郡箱根町から金時山へ登山しました。
おおよその時間はこんな感じ。

0744 東名高速下り中井PA
0820 金時神社隣のゴルフ練習場
0836 金時神社でお参り→登山開始
1000 金時山山頂
1002 金時娘の茶屋で食事開始
1041 無線で最初のQSO(交信)
1240 下山開始
1346 金時神社 奥の院
1411 金時神社 金時手鞠石
1423 金時神社の鳥居を出る
1439 ガーデンレイルウェイ・カフェ着
1835 御殿場市温泉会館で入浴完了→休憩

前回は小田急で来たのですが今回は自家用車で来てみました。

公時神社(金時神社)

登りは金時神社から。金時神社隣の駐車場が1日500円なので駐車。

公時神社のマサカリ

金太郎のマサカリが祀られています。 マサカリ担いだ金太郎〜♪

ハイカーのみなさんへ 相根町

途中の看板。箱根町の竹冠がなくなり相根町に。

金時山山頂

金時山山頂。富士山が見事に見えましたが1時間後には曇って見えなくなりました。すでに山頂には多くの登山客が到着しており、私達の到着後は更に増えることに。私達の後に到着した人たちは富士山を楽しめなかったようです。

金時娘の茶屋
金時娘の茶屋でキノコ汁

まずは毎度の金時娘の茶屋でキノコ汁+持参したご飯を。

金時娘(おばあちゃん)は元気に看板娘をされていました。

無線設備など

御飯のあとは無線を開始。

3.5mロッドアンテナ

今回は伸長3.5mになるロッドアンテナと、先日組み立てたElecraft KX3の動作確認。

富士山を眺めながらの無線

やはり受信はFT-817NDに負けず劣らずいい感じですね。

金時山から芦ノ湖方面を望む

金時山山頂から芦ノ湖方面を望む。第3新東京市。

公時神社 奥の院

帰りも金時神社方面へ。
途中に奥の院という表示があったので見に行ってみる。立派な岩がありました。

金時手鞠石

次は金時手鞠石を探すことに。結論としては見つかったのですが、登山地図が微妙にずれていて困ったことに。

金時手鞠石の場所が地図上と実際で異なる

登山地図の表示と実際の場所の違い。青いマークが金時手鞠石でのGPSの場所。登山地図の精度ってこの程度なのですかね。スマートフォンでGPSを使って10m単位で見られるようになって、こういう細かいところの間違いで困ってしまうことも起きうると。

ガーデンレイルウェイカフェ入口

下山後は、山頂で無線交信した方がカフェを開かれていると伺い、おじゃますることに。

ガーデンレイルウェイカフェというお店で、庭に大きなGゲージの鉄道模型が走っていました。 鉄道模型が素晴らしいだけでなく、マッタリとした時間が楽しめて良かったです。 また場所柄なのか、 Lotus Elise に乗って来られる方も多いのですが、なぜ Lotus Elise なんでしょうね。不思議。

鉄道模型

鉄道模型

鉄道模型

ということで鉄道模型鑑賞したり、

イノシシのピザ

薪窯で焼いたイノシシのピザを頂いたり、

Elecraft KX3

お店のマスターが無線を店舗からもやってみたいということで、私の短波帯の移動運用セットを出して受信テストをしてみたりしました。

Elecraft KX3 組み立て完了

Elecraft KX3 assembled

夜鍋して一昨日から組み立てている Elecraft KX3 の組み立て完了。

Elecraft KX3 RF Board+ATU
Elecraft KX3 RF Board +ATU

今日は背面側のRFボードの組み立て。RFボードにATUなどを組んで完成。今日もネジの種類との格闘が。

背面のゴム足を止める部分に Nylon screw を使えと書いてあるのだが、Nylon screw が見つからず。Elecraft のサポートに連絡してNylon screwを送ってくれというのも面倒なので、大きさなどの規格を聞いて近所で買ってこようかなと。

Elecraft KX3 Control Board + Battery Charger

表面のコントロールユニットと電池の間にナイロン板を貼れと書いてあるのだが、ナイロン板も入っていなかった。ちょうどバッテリ充電器の回路を注文していたので、これを貼って代用。あとは適当なテープ類で絶縁でもしておけばよいかな。

Inside of Elecraft KX3

ということで中にニッケル水素充電池を入れて完成。