中国から香港に自転車で行くコースのまとめ

だいぶ前に沙頭角に自転車で行ったときの記事に質問してくださる方がいらっしゃったので、中国・深圳から香港の九龍に自転車で行く方法をまとめてみました。

深圳→九龍の地図

まずは香港と深圳の間の国境のお話から。深圳側の国境は自転車や徒歩で行けるところが多いのですが、香港側は中国との国境の近くが禁区となっているので、何かしらの公共交通を使わなければなりません。

一番西側(地図左)から順に並べてみます。

  • 深圳灣: 深圳側は徒歩や自転車で到着できるはずです。昔歩いて行ったことがありました。中国の出国と香港の入国が深圳側の同じ建物で行われ、そこからバスに乗って橋を渡って香港に入ります。自転車を持って路線バスに乗せてくれるかどうかは怪しいです。長距離を走る観光バス型ならば、「壊れても知らないよ」とか言われながら乗せてくれます。
  • 福田/落馬洲: 福田が深圳の地名で、落馬洲が香港側の地名です。 深圳側の福田口岸までは徒歩・自転車でたどり着けますが、香港側の落馬洲が鉄道のMTRか路線バス、ミニバス、タクシーだけが使えます。自転車を持って落馬洲に入った場合は、事実上MTRかタクシーのみ乗れます。 ミニバスでは自転車を持ち込むのは難しいですし、路線バスの場合は輪行袋に入れても乗せてくれるか怪しいです。
  • 皇崗: 自動車用の国境でバスが走っています。深圳側を自転車で進入するコースはわかりません。香港側も自転車で進入するコースがわかりません。国境の間に黃巴 Yellow Busというのが走っているのですが、自転車を持ち込めるのかどうか知りません。やったことないので。。
  • 羅湖: 鉄道で香港から深圳に入るコースとしては超定番ですね。深圳側は国境まで自転車や徒歩でたどり着けます。香港側は、鉄道のMTRのみ使えます。
  • 文錦渡: あまり通過する旅客は多くないです。深圳側は徒歩でいけますが、香港側はバスにのる必要があります。上水駅行きのバスがあります。
  • 沙頭角: 深圳側は徒歩や自転車で行けますが、深圳の市内からトンネルを越えて行かなければならないので、面倒かもしれません。

ということで、何らかの公共交通を少し使って香港に入ったあと、香港の北側の新界から九龍に入るコースが限られています。 とりあえず自転車で自走するコースを紹介します。

  • 青山公路を元朗→屯門→荃灣と走っていく。走ったことが無いですが、このコースでサイクリングされているという話は良く聞きます。
  • 錦上路から荃錦公路で荃灣に出るコース。走ったことがあります。途中に大帽山という香港で一番高い山の隣の峠を超える必要があり、標高500mぐらいあります。峠越えがお好きならばお勧めします。
    大帽山郊野公園
  • 大埔道: 新界から九龍方面は自転車で通過できるという話を聞いたことがあります。逆向きは通行禁止になったそうです。
  • 西貢公路: 一番東側の西貢を通って行くコースです。距離はありますが、全体的に自転車で楽に走れるコースです。一部区間は日曜日と祝日は通行禁止な区間があります。

この区間を自走するのがシンドいということでしたら、MTR西鉄線の錦上路から荃灣西まで乗る、MTR東鉄線の大圍から九龍塘まで乗る、といった方法で越えることも可能です。

Wahoo Blue SC

Wahoo Blue SC パッケージ

自転車のペダル回転数である Cadence (ケイデンス) と速度を、スマートフォンを組み合わせて測定するセンサーの Wahoo Blue SC を使ってみました。

Wahoo Blue SC 取付け

取付けは、自転車後輪の下側のフレームであるチェーンステーの車体左側に本体を取付ます。車輪とクランク(ペダルの付いている腕)に磁石のセンサーを取付け、この磁石が近づく・遠ざかるをセンサーが検知するようになっています。

最初に取り付けたときには、Cadenceがちっとも拾えず、センサーをペダルと車輪に近づくような角度に調整したところ、測定できるようになりました。

測定結果2測定結果1

2回程度の走行結果を iPhone の Wahoo アプリで拾ってみたところ。信号少なめ、なるべく勾配のない道を選んで走ったところ、Cadenceもほぼ一定になりました。

DAHON Route 2014

image

折りたたみ自転車が欲しいなと思い、ヤフオクでDAHON Route 2014 を落札。約3万円。ボディ剛性もいい感じ、組み立ても簡単です。重量12kgぐらいなのでサクサクと走ります。

image

image

日曜は多摩川へ試験走行。小径車なので直進安定性が低いとかは当たり前ですが、なかなか乗りやすいですよ。

2ヶ月ぶりに自転車

香港からKnakaさんに運んでもらった自転車、帰国後は足が痛いとか風邪引いたとか天気悪いとかでチットモ受け取りに伺えず。梅雨時の雨の切れ目を狙って浜松町から世田谷まで自走しました。

浜松町駅

まずは自転車を受け取りに浜松町へ。天気予報では降雨は無い模様。

輪行袋入り自転車

輪行袋入りの自転車。この状態で香港から運んでいただきました。自転車組立てていたら、後ろのタイヤのチューブのバルブが折れているのを発見。購入してから8年ほどチューブ交換していなかったので、寿命ですかね。あーだこーだ言いながら組み上げていきました。

出発

さて出発。コースは適当に明治通りに出て、恵比寿あたりで駒沢通り→代官山近くの鎗ヶ崎から旧山手通→神泉あたりで淡島通り→梅ヶ丘通り→小田急の北側→自宅といったコースでした。梅ヶ丘あたりで後輪から空気漏れが始まったのですが、バルブ部分をゴニョゴニョしたら空気漏れが止まり、あとは自宅まで慎重に乗ることに。自宅まで約16kmでした。

帰宅

帰宅。自転車スタンドに引っ掛けて収納。

沙頭角経由で中国まで自転車自走に挑戦したのですが。

沙頭角経由で中国まで自転車自走に挑戦したのですが。。

今日のサイクリングは大圍から始まって沙頭角へ。先日の西貢経由大圍の続きってことで。

2014-12-29 サイクリング記録

大埔海濱公園

大埔海濱公園まではサイクリングコースが整備されており、途中の交通信号は数カ所しかなく快適ですが、サイクリングコースは当然なことながら子供や自転車に慣れない人たちも走っているので、イロイロと注意が必要です。

少しだけ自転車走行禁止

汀角路の一部区間が自転車走行禁止となっています。多分路肩が十分でないからだと思います。

南涌天后廟
南涌天后廟からの景色

南涌というところにある天后からの景色が素晴らしかったです。神様を祀る場所としては最適ですね。遠くに見えるのが中国です。

香港側沙頭角口岸の手前から立入禁止

この前の文錦渡と同じく、国境手前から禁区になっていて自転車や徒歩では入れませんでした。

香港→深圳の沙頭角巴士のチケット

ここで引き返すのも勿体無いので、30ドルを叩いて深圳までのバスチケット購入。たった1kmぐらいの距離で30HKD、結構高いです。ちなみに帰りの沙頭角→九龍塘も30HKDでした。交通費的にはここまでのサイクリングは全く意味がなかったってことでしょうね。(笑)

深圳側の沙頭角に到着
深圳側の沙頭角に到着

記念すべき初中国サイクリング、右側通行。

中国を少しサイクリング
中国を少しサイクリング

沙頭角の周りを自転車で周ってみたのですが、なかなか良いですね。自転車での右側通行、楽しいですね、アメリカ行った時に左折とかで左のレーンに入ってしまいそうな感じの注意が必要だったりと、面白いです。
思った以上に、香港や日本以上に自転車で走りやすいです。たぶん、待ち行く自動車が飛び出しに構えてユックリなのと、道路の幅が広いためでしょう。やはり中国は自転車の国です(笑)

帰りは九龍塘までバス
帰りは九龍塘までバス

帰りは最寄り駅の九龍塘まで国境からバスで帰りました。

サイクリング 九龍城→西貢→馬鞍山→大圍

今回の走行経路
今回の走行経路

香港の九龍から北側に自転車で行く経路は限られており、一つは西貢を、あとは大帽山の麓の道や屯門あたりを経由するぐらいしか無かったと思う。今回はうちから一番近いと思われる西貢経由で北側に行ってみました。

西貢海浜公園
西貢海浜公園

新清水灣道などを経由して西貢へ。舟遊びなどで有名な西貢、日曜日は人がたくさん。

日曜祝日 自転車通行禁止

しばらく進むと日曜休日は自転車通行禁止の看板が。。仕方ないので降りて歩行者となり、4kmほど歩きました。

自転車通行禁止なので降りていきます

こんな感じの山道がずーっと続きます。勾配はそんなにキツくないので気楽です。

途中から見えた景色1

きれいな入江。

途中から見えた景色2

カメラでズームしてみると、水上に家らしきモノが設置してありますね。今でも使っているんでしょうね。

大圍の駅で終了

馬鞍山の手前から自転車走行できるようになったのでサイクリング再開して行きました。

西貢までサイクリング

今週は全然運動していないなと思って、夜中に自転車に乗ってサイクリングに行ってきました。行き先は適当に考えながら乗ったところ、西貢まで到達。往復34km 2.5時間でした。

注意:途中には勾配がきつく自動車の制限速度70の区間もあります。低速登坂でもフラつかずに走れる程度でないと危険です。初心者にはオススメしません。

九龍城→西貢 往復
九龍城→西貢 往復

コースはこんな感じ。清水湾道をひた走って、途中から西貢公路へ。清水湾道の標高の一番高いところが約240mとのことでした。

西貢の公園

西貢の公園に着いたので一休み。

峠のガススタ
峠のガススタ

帰りの清水湾道の峠のガススタで一休み。

香港 Victoria Harbor を自転車で渡る

九龍と香港島の間には、いくつかのフェリー路線が就航しています。有名なところでは尖沙咀から中環と灣仔に渡るスターフェリーでしょう。その他、北角から出ている First Ferry の紅磡碼頭と九龍城碼頭の路線、 Fortune Ferry の北角・觀塘、西湾河から三家村や觀塘に渡る Coral Sea Ferry などがあります。

香港運輸署のページ

今回は、行きは尖沙咀から灣仔へスターフェリーで、帰りは北角から觀塘へ渡りました。

サイクリングの経路
サイクリングの経路

この日のサイクリングの経路は、こんな具合です。

尖沙咀の Star Ferry 乗り場
尖沙咀の Star Ferry 乗り場

スターフェリーは尖沙咀から中環と灣仔へ就航していますが、自転車を携行しての搭乗は灣仔行きのみで、休日は片道16.4HKDでした。乗るときにスターフェリーの事務所に声を掛けると、立入禁止の Lower deck (下層階)の乗り場に案内してくれます。

Star Ferry 灣仔行き Lower deck
Star Ferry 灣仔行き Lower deck

通常、灣仔路線はUpper deckの1等だけで Lower deckには乗れないのですが、自転車を携行した場合は Lower deck に案内されます。 Lower deckでは船員さんが寛いでいます。

帰りは北角から觀塘へフェリーで渡りました。

北角フェリー乗り場
北角フェリー乗り場

北角のフェリー乗り場。気づいたら観光船のバウヒニアのほうが立派な乗り場になっています。

北角・觀塘の料金表
北角・觀塘の料金表

料金は乗客+10HKDで、全部で15HKDとなりました。

香港デモの様子 2014年10月12日 旺角

日曜日で天気も良かったので、自転車に乗ってデモ会場3箇所を見て回ってきました。全体的に危険な感じは全くなく、のんびりやっている程度です。多分深圳に行くより安全なんじゃないのかな。

関羽を祀ってます
関羽を祀ってます
関羽を祀ってます
関羽を祀ってます

旺角の彌敦道と旺角道の交差点のバリケードには、関羽が祀られています。先日のヤクザや警察からの攻撃に対抗して、警察とヤクザの神様である関羽の祠を安置すれば彼らも手が出せないだろう、と見込んだ頭の良い奴が居たようで、今では立派な祠ができています。宗教的にも祠を勝手に設置するのは問題なんだとか。

真面目にやってるんだか、ネタでやっているんだか、良く分からないところです。こういうの嫌いじゃないけどね。

トランプしているみたいな
トランプしているみたいな

途中のテントに居座っている兄ちゃんたちは、なんかトランプっぽいものをやっていました。

ニュースによると、麻雀やってた人や、カセットコンロで火鍋パーティーやってた人も居たらしいのですが、今日は居ませんでした。カセットコンロ類は火事の原因になっても困るから止めてくれ、という意見もあったとか。

いつもの交差点
いつもの交差点

旺角のイツモの交差点です。ちょっと人数少ないですね。

いつもの交差点
いつもの交差点
彌敦道
彌敦道

彌敦道はデモしているというより、土曜日だから散歩しに来た人たちで混雑しています。

大陸から来た感じの人たちも、記念撮影なんかしているし。

彌敦道
彌敦道
旺角圖書館@彌敦道
旺角圖書館@彌敦道

途中にダンボールで出来た旺角圖書館なるものが。要らない本は寄付して、読みたい本が有ったら借りて行ってね、とのことだそうです。

彌敦道の南端にはキリスト?
彌敦道の南端にはキリスト?

占拠区間の南端にはキリストが祀られているのですが、コッチはネタ的に面白く無いので人は少な目です。

何かを建設中
何かを建設中

途中に竹を使って何かを建設中な模様です。百歩譲って作るのはいいけど、仮に学生側の提案が通って今スグ撤収しろって話になったら、彼らはどうするんでしょうかね。

Cycling for 啓徳碼頭

Last Sunday, I went to cycling with my friends from 東涌 Tung Chong to Hong Kong disneyland. At that time, some of friends ask me to suggest the plan to go Kaitak old airport. Today I went to there by bicycle to confirm the course.

Here is cycling course for 啓徳碼頭 KaiTak Ferry pier, aka the runway for Kaitak Airport.


Course map from Kwun Tong station, exit B3 to 啓徳碼頭.

啓徳碼頭を海から眺める

That building is new Kaitak Ferry Pier, the destination of our cycling course.

觀塘B3出口
觀塘B3出口

I think the exit B3 of KwunTong station is convenient. Nearest station for Kaitak is 九龍灣 Kowloon Bay station, but we should through 德福廣場 Telford plaza shopping mall, inconvenient.

From 觀塘 exit B3 to there, the distance is about 4km, need about 20 – 30 minutes.

啟德跑道公園
啟德跑道公園

“Kaitak runway park” – the south end of Kaitak airport runway. Here is just next of Kaitak Ferry pier.

啟德跑道公園

啟德跑道公園

啟德跑道公園

The playground of this park is very good.

SONY DSC

A man enjoyed radio controlled airplane in the old airport.