北海道ツーリング 4日目 稚内→苫小牧→帰り

朝ごはんは稚内駅前の「ひとしの店」へ。かにめしなどが有名らしいのだが、朝なのでそんなものを食べる気はなく、普通の朝食セットをいただきました。美味しかったです。

日本の鉄道の最北端だった車止め。今は駅舎の場所が南にズレたので、現在の最北端は若干南下しました。隣の道の駅のお土産屋でお土産買いまくってバイクに詰め込み。

帰りは日本海側を留萌まで走ることに。まずは遠くに利尻富士。

オロロンライン途中にあった大量の風車。ときどき自然エネルギーを紹介する動画などでここの風車群を空撮した映像が使われているので、見たことがある人も多いかと。

オロロンライン途中にあった大量のアマチュア無線用タワー。

羽幌でランチでも食べようと思って入ったところ、多分ホンダの試験車両と思われる車が。休憩時なのでシートを掛けているのかと思うのですが、シートを掛けたほうが形とか見えてしまうので逆効果なんじゃないのかと。うずまきをつけている車が2台、通常のプリウスが1台、通常のアコードみたいな車が1台、という構成で走っていた。

羽幌の食事処おろろん でランチ。甘エビとウニの丼。甘エビの産地として有名らしく、甘エビうまかった。

留萌も通り過ぎたが、今晩乗る予定の苫小牧のフェリーまでにも時間がたっぷりあるので、途中で財政破綻した夕張を見るか、北の国からで有名なフラノを見に行くか考えたところ、交通の便からすると富良野のほうが行きやすそうだったので富良野へ。まぁラベンダーのシーズンでもないので特に見るところはない。富良野の市街地は予想以上に賑やかで、普通にファッションセンターしまむらとかのチェーン店も出てきており、「北の国からの」ような田舎さはまったくなかった。俺の予想ではセイコーマートと地元の食品販売店や雑貨屋ぐらいの奥多摩町ぐらいなんじゃないのかと思ったら、意外なほどお店がある。そりゃ市の中心地だからあるよね。

そんなこんなで、帰りのフェリーに乗るために苫小牧へ。帰りのフェリーでは食料は冷凍食品の自販機しかないという話を聞いていたので、近所のAEONで食料調達。フェリーは21時頃からチェックインして数時間後に乗船できて、翌日の20時頃に下船となる。そのため、調達する食料は晩朝昼晩の4食となる。なかなかの量だ。

20時頃にフェリー乗り場に着き、21時からのチェックインを待ち、23時に搭乗して速攻で風呂入って晩酌して寝た。フェリー自体は夜の1時ごろ出発なのだが、通常の乗客は先に載せて風呂に入らせてさっさと寝かせる方法をとっている模様。その間にトラックなどの荷物満載車両を載せているようだ。

 

北海道ツーリング 3日目: 宗谷岬,稚内

とりあえず北海道に入ったので、納沙布岬か宗谷岬を目指そうと考えており、最北端の稚内は行ったことがないはずなので宗谷岬へ行くこと決定。その前に旭川でラーメン食べておこうと思ったのと、観光名所らしいところということで日本一長い直線道路に行ってみた。

日本一長い直線道路にある奈井江の道の駅で朝ごはん。

日本一長い直線道路で写真を取るとこんな感じなのだが、直線道路なだけであって特に走りやすいわけでも何でもなく、そのへんのちょっとした片側2車線の国道そのもの。道路は適度に凹凸があるし、路線バスは走っているし、右折してお店に入ろうとする車はいるし、当然普通に信号もあるし、市街地と郊外が交互にやってくる。直線道路ではあるが、まったくもってスピードを出す気がしないどころか、ロードサイド店舗がおおい道路で油断できない。一度走れば満足だ。

お昼は旭川駅前の梅光軒でラーメン。東京に住んでいて旭川のラーメンと聞くと山頭火のほうが有名な気がする。私の場合、小学生の頃に名古屋の実家の近くに梅光軒のお店があり、その時の記憶もあるので食べに行ってみた。なんだか懐かしい味だった。

梅光軒のあとは、士別→名寄→音威子府→中頓別→浜頓別と回って宗谷岬へ。音威子府とか読み方すらよくわからず、後で調べると北海道内で最も人口が少ないらしい。ひたすら Windows XP の壁紙みたいなところを走るのだが、これはこれで面白かった。

浜頓別のセイコーマートで休憩したついでに飲み物コーナーを見ていて気づいたのだが、北海道の各地の乳業メーカーから調達しているヨーグルトや牛乳があった。北海道も面積広く距離があるので、遠くの牛乳を運ぶより地元の乳業メーカーが作ったものを地元で販売するみたいなことができるのかと思うと、なんだか関心した。

宗谷岬につきました。自分が写真を撮って欲しいので、みなさんに写真を撮りましょうかと声をかけていたのだが、日本語英語中国語を使い分けて写真を撮っていたら、周りの日本人がキョトンとしていた。時々こういう変な日本人がふらっとバイクに乗って現れますよ。

日本最北端だか2番目のライダーハウスってことで情報を仕入れていた稚内の漁師の店へ海鮮丼を食べに行くことに。ライダーハウスのほうは、明らかに良さそうなバイクに乗った、私より年上な感じのおっちゃんたちが泊まっている模様。彼らのレベルになると節約しながらの旅行ではなく、昔の記憶をたどっていたり、昔やってみたかったことを実践しているような雰囲気。海鮮丼は美味しかったです。

その後に泊まったホテルの近所では、先程宗谷岬で写真撮りましょうかと手伝っていた中国語をしゃべる人たちと再開。相変わらず適当に「俺もそこのホテル泊まっている」とか会話してみたり。あとは夜泣きラーメンのコーナーでは広東語を話ししている人達もいるので、台湾香港からの旅行客が多いんですかね。

北海道ツーリングの話 1,2日目

休暇をとったものの旅行に出かける予定がキャンセルとなり、バイクでツーリングに出ようと思ったが梅雨時で行き先は慎重に選びたいところ。1週間ぐらい休暇をとっていたので、バイクで北海道ツーリングにいくことにした。

2018年6月17日(日) の昼に出発して仙台19時の太平洋フェリーに搭乗するつもりだったのだが、前日飲みすぎて二日酔い気味だったため出発できずに、16時頃に世田谷の自宅を出発。当然仙台19時のフェリーなんかに間に合うわけないので、東北道を北上しながら今後の旅程を考えることに。

阿武隈PAには19時頃に着。とりあえず晩ごはんを食べたかったのでラーメン。本来ならばこのぐらいの時刻にフェリーに乗って風呂入って飯食っているはずなんだが、まだ走行することに。今日の宿泊地は21時ぐらいまでに到着できる場所に使用と思い、スマホを出して徐ろに宿泊先を探すことに。

仙台泉インター近くのビジネスホテルに21時過ぎに到着。即座にシャワー浴びて寝て翌日の出発に備える。

翌日の18日(月)は朝6時頃にホテルを出発して、給油してから再度東北道へ。

ひたすら走って岩手県は岩手山SAで休憩。岩手県はここで休憩する以外はひたすら走っていた。思ったのだが、東北道って岩手山まではトンネルが殆ど無くて、ここから北の秋田県・青森県の区間はトンネルが多くなるんですね。作った時代が違うんでしょうかね。

青森港フェリーターミナルには10:30ごろに到着して11:30の函館行き青函フェリーに乗って北海道へ。

北海道に渡るバイクはこの3台。乗客も貨物もさほど多くないですが、青函フェリーは本数が多いので到着する時刻に合わせて搭乗できるのが良さげですね。

函館が見えてきました。降りたらさっさと北海道ツーリング再開です。

イカ飯が食べたくなったので道の駅「森」に立ち寄ったのですが、すでにレストランは閉店していてイカ飯も売り切れでした。レトルトパウチされたイカ飯を買って、そのままずんずん進むことに。

札幌方面に行くコースがいくつかあり、そのまま国道5号を走るのも面白くないので、昔の自転車旅行の記憶を頼りに洞爺湖経由で。道の駅洞爺湖から札幌方面へ。

昔、大学生の頃に北海道で函館から室蘭などを経由して札幌に行ったのだが、その時のコースを混ぜながら走ろうと思っていたのだが、どうやら今回走ったコースとは違うようだ。学生時代は長万部→ニセコ→洞爺湖→登別→室蘭→伊達市→昭和新山→洞爺湖→支笏湖→札幌市と入ったようだが、今回の私は長万部→豊浦→洞爺湖→留寿都→定山渓→札幌と走っていた模様。途中できれいな道路ができたなとか、こんな良い景色の覚えがないとか思いながら走っていたのだが、走ったコースが違うので、当然記憶と違っていたのは間違いない模様。

洞爺湖をここまで見下ろした記憶がなかったのだが、よくよく考えたらここには来たことがないので、記憶が無いのは正しい模様。

そろそろ本日のお宿をどこにすべきか考えた結果、札幌周辺で良さげな場所ということで岩見沢にした。札幌から再度高速道路に入ったのだが、高速道路が真っ暗で大して車も走っていないので、なかなか怖い。

走行距離は740kmらしい。

HTC U11 の sim free 版

だいぶ待たされましたが、今年はじめぐらいにスマートフォンのHTCがU11のSIM Free版を日本でも正規販売するとの発表があり、速攻でも申し込んだりしていました。3月中旬に届いたので、開封やアクセサリー類の紹介などをしていきます。

箱に入った状態。箱はシンプルな紙でできています。中には USB-C ケーブルと専用のイヤホンが入っています。そういえばUSBの電源は入っていなかったな。

 

本体のレビューとかは他に任せるとして、早速アクセサリーの紹介を。いつもの中国の通販の Aliexpress  で「HTC U11 case」で検索して見つけた革ケースを装着。革がカサカサなので、適当な革靴用のワックスを使って磨いてみたところ、割といい感じの艶に。そしてドリルと木ネジでケースに穴を開けて、ストラップホールを作って、カラビナ式のストラップを装着。

カラビナ式のストラップは、マグネット式スタンドに使うための鉄板に開いている穴を使って装着。いつもはケースに2つほど穴を開けていたのですが、今回はこのパネルがあるので穴は1個で完了。

 

 

余談ですが、バイクでも充電とナビを表示するためにスマホスタンドを装着。箕浦の自転車用のスタンドだが、特に困ること無く装着完了。

そして見つけた変なガジェットその2。Type-Cのケーブルだが、自分で丸まるタイプ。バイクに装着するときにケーブルがビローンと間延びしなくて良いかと思って購入。今回はAmazonで注文したが、Aliexpressで探すと3分の2ぐらいの価格で並んでいる。

V-Strom 250 を購入

久しぶりにバイクを購入。購入したバイクはスズキの V-Strom 250 という250ccエンジンのバイク。キッカケは別のアドベンチャツアラー型のバイクの動画をYouTubeなどで見て、思わず欲しいかもと思った次第。バイクは欲しい機種が見つかったらもう1台購入しようとか思っていたので、ちょうどタイミングが来たのかもしれない。同様な車種を探すとスズキからもエンジンの大きさが250cc, 650cc, 1000cc の3種類で出ていると。となると他の車種とスズキの比較となるのですが、最初に見た他車種の実車を見ることなく、スズキになりました。鈴菌発症していますね。

V-Strom の3機種の展示をしているバイク屋さんに行って展示車に跨ってみたところ、一番小さい250ccエンジンの車種でもギリギリな感じ。本来は参考にしてはいけないとネタにされるバイク屋の店長のアドバイスによると「そもそもオフ車とかアドベンチャツアラーは体の小さい人には乗りづらい車種。650ccを無理して乗っても、乗り始めの頃の辛さを乗り越えられずに挫折するのは勿体無いので、とりあえず250ccに乗ってから、それから更に大きい車種に変えたいかどうかは考えてみては」というのを参考にし、先週末に注文。

注文したのは黒色で、パニアケース一通り付けてもらいました。本当は黄色が良かったのですが、黒色と赤色のほうが値段などの条件をよくできるのと、在庫があるので翌週にでも納車できるとのことだったので、黒色を注文。 黒色から黄色に変えるには、くちばしの部分の部品が約2万円とのことなので、まぁ変えたくなったら純正部品で交換しても良いし、スーパーカブに施したように自分で好きな色を塗ればよいでしょうし。

久しぶりに二輪車で高速道路へ。第三京浜の玉川から入り、横浜新道→横横で横須賀PAへ。

ここ11年ぐらいは二輪車はスーパーカブだったので、当然高速道路には入れなかったので、これまた久しぶりの二輪車での高速道路。時速60kmとかで流してみると、当然ですがスーパーカブとは全てにおいて雲泥の差というか適材適所。町中の小回り必要なところはカブのほうがよく、そこそこ速度を出して走る場合は大きくて重たい車のほうが楽です。ウィンドウシールドのおかげで、走行風は足の外側を通過する程度で、体が激しく冷えるというわけではありませんでした。

二輪車で高速道路を走るのは、前回は2005年10月末の大阪に向かって走っているときに滋賀県でエンジンブローした DJEBEL 200。あのときは東京インターの通行券を受け取って、料金支払うタイミングなく終わってしまったな。まぁ時効だからイイか。

当時は二輪車のETCが無かったので、初めての二輪車でのETC利用。いちいち止まって通行券を受け取ったり代金支払ったりする必要がなくて便利ですね。またETCに対応していない一部の有料道路でも Suica,PASMOで決済できたりするところもあるので、この場合はApple Watchで決済すればお財布出す必要もなく楽です。流石に12年以上バイクに乗らずに過ごしたあとに返ってくると、色々なところで事情が変わっていました。

まだ慣らし運転でエンジン回転数を高くても7000rpmまで、と言われており、高速道路では6000rpm=80km/hぐらいが限界な状態。たいへん免許に優しい状態です。「6速でもエンジン回転数高く、全体的にクロスな感じがするので、もうちょっとハイギアードな設定にしたい」とか思うわけですが、自分の感覚の比較対象がスーパーカブの3速なので、全く参考にならないこだわりポイントでしょう。エンジンのトルクもあって良いですね、とかいうのもスーパーカブから比較すればトルクは太いに決まっているので、また参考にならないでしょう。(笑)

何度も言ってしまいますが、ここ11年間の二輪車はスーパーカブの原付二種のみ。久しぶりに250ccの軽二輪に乗ると、時速80kmぐらいで流している間の快適さ、トルクの太さに関心するのですが、車重が倍ぐらいになるので小回り効かず慣れるのに時間が必要そうです。

三浦半島の城ヶ島まで来たときに、チョイとクイッと曲がる交差点とかで苦労したりと。

ふと思ったのが、昔乗っていたDJEBEL 200より圧倒的に重たい感じがして、自分の体力や技術がここ10年でここまで落ちたのかと思っていたのですが、帰宅してから両方の重量などを見てみたところ、DJEBEL 200は 110kgぐらい、V-Strom 250 は 180kg + ケース類 という具合で、それなりに重量なども重たくなっており、腕や体力がそんなに落ちたわけではなさそうで安心しました。

 

 

スタッドレスタイヤに自分で交換

タイヤを詰め込む

三菱iのために夏場にヤフオクで落札しておいたスタッドレスタイヤに交換しました。 翌日に雪の予報が出ていたので、急いで交換。 今回は各種工具類を買い揃えていたため自分で交換。 自分で交換すると作業効率が悪いので1時間ぐらいかかったようです。

交換中

装着後にトルクレンチで規定トルクで締め付けたり。とりあえず130Nmで締めてしまったのですが、あとでネット検索すると軽自動車は 90Nm で良いそうです。

交換後

ということで交換完了。 雪が降っても

宇都宮までスーパーカブでツーリング

10月10日には会社のバイク部仲間で宇都宮へ。私は相変わらずスーパーカブなので下道で、環八→笹目通り→東京外環の下道→新国道4号をひたすら50kmほど走って、宇都宮の道の駅へ。

今回の行程

12時までには着きます、という約束で11:30ごをに到着したので、集合時間には遅れずに間に合いました。

道の駅うつのみや ろまんちっく村

他の皆様は日光方面とか走られていたみたいなので、ゆっくりと到着。

道の駅うつのみや ろまんちっく村

餃子専門店正嗣駒生店

今回の最初の目的地は餃子の正嗣。お店に着いたのが14時頃だったのですが、まだまだ並んでいます。

餃子専門店正嗣駒生店の店内

しばらく待ってやっと店内に入場

餃子専門店正嗣駒生店の焼く前の餃子

焼く前の餃子。

餃子専門店正嗣駒生店の招き猫

招き猫がすごいことになっています。

餃子専門店正嗣駒生店

バイクひっくり返された!

で、待っていたときに仲間のバイクがひっくり返されました。駐車場に入ってきたセダンがバイクにぶつけてしまったようで。。けが人が出なかったのが不幸中の幸い。また帰りも自走できる状態だったので助かりました。

正嗣の餃子ライス

でバイクの事故対応しながらの餃子。美味しいのですが味わっている余裕がありませんでした。

大谷石資料館入り口

餃子の後は大谷石資料館へ。

大谷石資料のトラック

こんなトラックで運んでいたようです。

大谷石資料館の休憩所

大谷石資料館

大谷石資料館のチケット

入り口

大谷石資料館の内部

大谷石資料館の内部

大谷石資料館の内部

大谷石資料館の内部

假屋崎省吾の作品

假屋崎省吾の作品らしいです。

大谷石資料館の内部

大谷石資料館 機械堀と手彫りの境目

機械彫りと手彫りの境目。

大谷石資料館の内部

大谷石資料館の内部

大谷石資料館の内部

大谷石資料館のドンペリ

大谷石資料館

大谷石資料館の内部

大谷石資料館の内部

大谷石資料館の作品展示

大谷石のお風呂

大谷石のお風呂

お風呂だそうです。

採石場の工具

GPSによると往復277km、バイクの走行距離計によると290kmほど走りました。

三菱i バッテリー直結

無線機を使うにあたり、電圧降下が少なくなるようにバッテリーから直接電源を取る「バッ直」をおこなってみました。

室内とバッテリーのあるボンネットの間では、ちょうどゴムの部分があったので、ここから通線。

室内はちょうど真ん中あたりに線が出てきますので引っ張ります。

あとはバッテリーのプラス側にも結線して完了っと。

スーパーカブで三浦半島一周

三浦半島一周のコース

7月30日は時間があったので、昼過ぎにスーパーカブで家を出発し、三浦半島一周に行ってきました。全部の走行距離が200kmぐらいでした。

往路は環八→国道246→横浜町田で国道16→横浜環状2号→磯子で国道16→横須賀→馬堀海岸→三崎港の向かいの城ヶ島というコース。

昼間はそれなりに交通量があるので車などに気をつけながらの走行。

城ヶ島にて

城ヶ島についた頃にはスッカリ暗くなっていました。

横浜新道の戸塚料金所

帰りは三崎口駅前→葉山御用邸前を直進し県道207→鎌倉→藤沢駅前→国道1号藤沢バイパス→横浜新道→横浜環状2号→新横浜辺りから県道13→県道45→荏田から国道246→環八で帰宅。

戸塚料金所での料金

今回はスーパーカブで初めての横浜新道。 戸塚から今井までの区間は原付も走れるので走ってみた。料金は80円。なかなか快適。