文鎮化したNanoVNAの修復方法

アンテナアナライザーとして利用するために購入した NanoVNAですが、Firmwareのアップデートに失敗しました。失敗した理由は、モニタサイズの違うNanoVNAのFirmwareをインストールしてしまいました。インストール時にはFirmwareの型式などのチェックをするものが入っていないため、違うモニタサイズのNanoVNAのFirmwareでもインストールされてしまいます。ご注意を。

文鎮化したNanoVNAの直し方については、同様に困った方もいらっしゃるようで、英語での情報は充実しています。 https://groups.io/g/nanovna-users/topic/34149616 に手順が書いてあったので、それを参考に実施してみました。

  1. Windows の動くPCを準備します。 このあとのFirmwareなどを流すST Link がWindowsのみ動作するためです。
  2. NanoVNAのマイコンにFirmを流す STLink2 USB ドングルを準備します。Amazon.co.jp でも売っています。私は HiLetgo ST-Link V2 の並行輸入品が安くて納期も早かったので注文しました。
  3. NanoVNAと ST Link2 USBドングルと接続するために加工します。
  4. st.com から STM32 ST-LINK Utility をダウンロードします。

NanoVNAにPin Socketをハンダ付け

リンク先の記事を見ると、there is no need to solder, you can keep wires with finger during flashing と書いてあるのですが、そこまで器用ではないのでハンダ付けしてみました。

NanoVNA の基板に、今回はPinソケットを付けました。Pin Socketは液晶モニター側に若干のSpaceがあったので、無理やり押し込んで置きました。うまいこと配置すれば、このままソケットをケース内に押し込めます。

STM32 ST-LINK Utilityでの使い方

リンク先の記事を見ると「After that select menu: Target => Connect, it should connect to STM32 and show it’s memory content」と書いてあったのですが、この通りだと動かなかったので他の方法をとっています。

  • ST-LINK Utility をインストール
  • ファイルを開く 方法を使って、NanoVNA の .hex ファイルを開く
  • Address には 0x08000000 を、 Sizeには 0x20000 を、Data width: 8 bits を入力
  • 接続には、メニューの Target → Automatic Mode を利用。ここがリンク先文書と違うところです。
Automatic Mode の場所

でFirmwareが流されていくと思うので、終わったらUSBケーブルを ST-LINK USB を抜いて再起動すると復活すると思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください