無線:東京コンテスト参加

多摩川の白バイ練習場隣

5月3日にはアマチュア無線のJARL東京支部主催の東京コンテストがあったので、世田谷区喜多見の多摩川の白バイ練習場となりで無線運用。川の堤防ということもあり、短波帯での電離層を用いた通信には良いのですが、都内や首都圏といった近郊との無線通信には向いていなかったようです。

電離層伝搬で交信できたと思われる地域は、愛知県 大阪府 岡山県 島根県 山口県 鳥取県 広島県 長崎県 大分県 沖縄県。 東北方面とは全くと言っていいほど通じなかったようです。 またEs層のシーズンでもないので28MHzも近郊との交信ばかりでした。 富士山5合目の静岡県から50MHzというのもありました。

使用した機材は、無線機にFT-817ND、 21MHzと28MHzには中国で買ってきたコイル部が可動なホイップアンテナ、50MHzと145MHz はミズホ通信のポケットダイポールでした。アンテナチューナは乾電池が切れてしまったようなので使わずに運用。きちんとアンテナアナライザで測定しながらの運用でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください