Near Lock : iPhoneを持って離れるとMacをロック

コンピューター利用のセキュリティの一つとして、離席時にスクリーンセーバーなどを起動してデスクトップのロックをかけましょう、というのがあります。

Windowsのデスクトップの場合は、Windowsキー+ L をキーボードで入力すると即座にロックがかかり、Macの場合は「システム環境設定」のデスクトップとスクリーンセーバの設定で、画面の四隅のどこかにマウスカーソルが行ったときにスクリーンセーバが開始するような設定をされる方が多いかと思います。

離席時にパソコンのロックを忘れてしまうこともあるので、その対策として iPhone を持って離れたときにロックが掛かるとイイなぁと思っていたところ、 NearLockというアプリを発見。

Near Lock Mac 画面

Mac 側ではメニューバーで動くアプリが iPhone との Bluetooth 電波強度あたりを監視しているようです。

Near Lock iPhone 画面

iPhone側ではペアリングするアプリを入れて、Macのログインパスワードを設定しておくと、 指紋認証の Touch ID やパスコードを使ってロック解除できるようになります。

お試し下さい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください