南寧から深圳東へ寝台列車で移動

南寧火車站

夕方16時頃出発の列車に乗って南寧から深圳へ。

K1234 南寧→深圳東
K1234 南寧→深圳東

K1234 南寧→深圳東

車内

今回も硬卧Yìngwò (Hard Sleeper) 日本で言うところのB寝台みたいなものです。 ベッドが3階建てになっていて、値段的には一番下の段が一番高いんだっけな。 硬臥っていうぐらいなので対義語として軟臥 Ruǎnwòというものもあります。 軟臥でも値段差は100元ぐらいだっけな、乗ってみたいような気もするのですが、大差ないという話もあるので、なかなか乗る機会に恵まれず。

車内
車内
深圳東

「なんで横井さんは高速鉄道CRHや飛行機に乗らずに火車で来るの?陸路で往復することが目的ならば高速鉄道でいいのでは」と言われたのですが、ここから始まるのが日本の寝台列車の話。 昔の日本では夜行列車や寝台列車が多く走っていたのですが、値段的には新幹線より高くなってしまったり、安い夜行は高速バスになってしまったりして、日本から多くの夜行列車が消えていった話をウンタラカンタラと。。 10年後には中国で硬臥とかいう単語を使う頻度が減るかもしれないと思うと、今のうちに使っておきたかったんだよね、なんて話をしたり。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください