鼓浪嶼

今日は厦門の隣の島の鼓浪嶼 (ころうしょ, コロンス島, Gu Lang Yu) へ行ってきました。

鼓浪嶼へのフェリー乗り場

鼓浪嶼への渡り方は、バスなどで「碼頭」「第一碼頭」と行き先が表示されたバスに乗っていけばOKです。 私はGoogle Mapで調べて行きました。 バスは1回1元のようです。

安い方のフェリーのチケット売り場、大混雑

フェリーには何種類かあるみたいで、最初にみたチケット売り場では20元と書いてありました。 行列ができている方のチケット売り場では往復8元とのこと。 Webに載っている古い情報によると、昔は往路は無料、復路で8元徴収するとのことでした。

フェリーなどの値段

チケット売り場の値段表。 島内の各種有料施設とセットのチケットもあります。

フェリーの往復トークン

鼓浪嶼のオルガン博物館とかが有名らしいのですが、別に興味が無いので、8元の往復チケットだけ購入。 このようなトークンを渡されます。 入口でかざします。

フェリーの下層は椅子なし+混雑

フェリーは2階建てとなっており、下層は椅子が殆どない状態で立席となっています。

フェリーの上層が1元追加
フェリー上層は椅子があります

上層は1元追加で、早く上がれば着席できます。

写真を大量に撮ったのですが、印象深かったものだけを…

元アメリカ領事館
元アメリカ領事館

元アメリカ領事館は、現在は宿になっているようです。

鼓浪嶼
鼓浪嶼の街並み

街中は狭く、荷物の輸送は人力車で行っていました。 あとはゴルフ場のカートみたいな電動自動車に人間が乗っていたりと。

大北電信の海底ケーブル敷設図
大北電信の海底ケーブル敷設図

大北電信の海底ケーブル敷設図だそうです。 大航海時代の展示にありました。

結婚式用写真の撮影
鼓浪嶼の街並み

結婚式用の写真を撮っているグループが多く居ました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください