金門島観光

三民主義統一中国
三民主義統一中国

窓からパッと見たら「三民主義統一中国」なる落書き?が。 中華民国って感じですね!

金門島 東渡碼頭到着
金門島 東渡碼頭到着

フェリーに乗って1時間ほどで金門島に到着

まずは台湾ドルに両替なのだが、水頭碼頭にある銀行の両替屋は人民元→台湾ドルの両替しかしてくれないとのこと。 さらにHSBC香港のキャッシュカードの外国での引出し設定を忘れてピンチに追い込まれる。 仕方ないので人民元100元を台湾ドルに両替して出発。

貰った地図を参考にテクテクと金城の市街地に向かっていたところ、水頭碼頭から市街地に戻っていくタクシーが声をかけてきて「無理だから乗れ!」とのこと。 タクシー代はNT$130ぐらい。

金門島の中心街の金城

土地銀行
土地銀行

タクシーで金城に到着し、まずは目の前にあった銀行へ。 どうやら農協っぽい銀行で、日本円・香港ドルからの両替をやっていないから、向こうにある銀行に行けとのこと。。 で次の銀行に向かっていたところ、土地銀行で用事を済ませたオッチャンが追いかけてきて、両替してやるよ!とのこと。 ちょうど手元に500HKDの紙幣があったので、これを両替してもらった。 なんで日本人が香港ドルを両替するんだ、というまぁ不思議な世界ですが。 感謝感謝。

金城の街並み
金城の街並み

金城の街並み
金城の街並み

昼ごはん
昼ごはん

お金もゲットできたので、早速ランチ。 適当にその辺でやっていた食堂に入って、麺と揚げ物を。 なんかこの揚げ物が金門島名物らしいのだが、ドコにでもあるでしょこんなのw 美味しかったです。

金城のバスのりば金門島の公共バス1日乗車券

ご飯を食べたら観光でもと思い、バス駅へ。 観光案内所が有ったので地図見たり聞いたりしたところ、金門島の公共バス1日乗車券を買って観光用バス路線に乗ればよいとのこと。 つまり最初から水頭碼頭でこのチケットを買えばよかったのかもしれない。(笑)

風景

風景

金門島はこんな感じ。 厦門と違って超田舎。 バスを降りて、テクテクと歩いていました。

戦争歴史館

戦争歴史館
戦争歴史館

戦争歴史館
戦争歴史館

戦争歴史館
戦争歴史館

戦争歴史館

金門島の戦争歴史館へ。 対岸の大陸側が見えたりと面白い場所でした。

SONY DSC

金城に戻ってから水頭碼頭へ。

SONY DSC
SONY DSC

金門島フェリー乗り場 水頭碼頭
金門島フェリー乗り場 水頭碼頭

水頭碼頭の免税店
水頭碼頭の免税店

トイレの表示
トイレの表示

帰りのフェリー

金門島での夕日

SONY DSC

さて、厦門に戻ります。

五通碼頭

フェリーに乗ったら、なぜか30分ぐらいで厦門に到着。 Google Mapで確認したら厦門の島の東側に到着。 やってくるときには西側からフェリーに乗ったのですが。 どうやらここは五通碼頭という場所で、往路に使ったフェリー乗り場が東渡碼頭というところだそうです。

ワゴン車40元でホテルへ

碼頭の旅行社のカウンターに話をつけて、厦門火車駅の近くのホテルに行きたい!と言っていたら、隣に居た台湾からの人と一緒にワゴン車に乗っていけとのこと。 40元で火車駅まで送ってもらいました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください