香港でサイクリング

先月日本から持ってきた自転車でサイクリングに行こうってことで、空港近くの東涌へ。

奥運駅

家から奥運(オリンピック)駅まで自走して、MTR東涌線。 香港では自転車を電車に持ち込むときには、前輪を外せばOKだそうです。 バスは輪行バックが必要とのこと。

香港での自転車の走行方法ですが、おおよそこういうことらしいです。

  • Keep Left. 第1通行帯を走ること。
  • 日本と違うところ:交差点を右折するときには、自動車の右折レーンに入るか、下車して歩くか、のどちらか。 いわゆる二段階右折 (Hook turn) はしなくて良い。
  • 自転車も自動車の信号と標識、車線を守ること。 自動車の一方通行のところは自転車も一方通行。 左折禁止の場所は自転車も左折禁止。 進入禁止は自転車も進入禁止。 場所によっては第2走行帯で直進とか。
  • 自転車の法定速度は 30km/h
  • 自転車走行禁止の道路標識の部分は自転車で走行禁止。 獅子山トンネルとか青馬大橋とか立体交差の上のほうとか走行禁止。

東涌駅前

集合場所は東涌駅前。 今日は清明節のためか、昂坪360のゴンドラ待ちが長かったです。

一緒にサイクリングに行く人達で、自転車を持っていないひとは、逸東にあるレンタルバイク屋さんでレンタルしてから出発。 8時間で80ドルとか、そんなお値段でした。

早速、自転車初心者な女の子がズッコケてディレーラーの付け根を曲げてしまったりと、トラブル発生。 

火消し棒@白芒

白芒というところでランチ休憩。 火を消すためのモップみたいなもの発見。 こんなので火が消えるのか不明。

白芒あさりなども入った公仔麺

田舎町にある唯一の商店でランチ。 具沢山な麺。

大嶼山の道路

こんな感じの直線道路をひた走ります。 空港に向かう高速道路の隣にある一般道です。

陰澳湾陰澳湾

陰澳湾

10km 近く走って陰澳湾で休憩。 この後は Sunny Bay で解散して、レンタルバイクで自走できる人は東涌まで自走、ディレーラーを壊したりパンクした人は電車で東涌へ。

香港でサイクリング” への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください