シンガポールの給油事情 : Three-quater tank rule

DSC02098DSC02100

特に収穫もなくバス乗って帰りました。 バスがシンガポールに向かうときにガソリンスタンドで給油。

ジョホールバルで給油というので思い出したのですが、 Three-quater tank rule というものがあります。 http://www.customs.gov.sg/leftNav/trav/Three-quarter+Tank+Rule.htm

シンガポールはガソリン税などが高いためマレーシアで給油したほうが安上がりなんだそうです。 そもそもシンガポールってそんなに大きくないので、「ガソリン残量が減ってきたらジョホールバルのアウトレットに買い物に行く!」とかしていれば、「節約したガス代でアウトレットでお買い物しますか」みたいな事になってしまうのですが、そうは問屋が卸さないわけです。

シンガポールで登録されている車がシンガポールからジョホールバルに出るときには、ガソリン残量計の4分の3以上を示していないと500ドルの罰金となっていて、ジョホールバル方面の自動車専用道にはそれを警告する看板があり、その先にはシンガポール方面に戻れる交差点などが有ったりと。

このバスの登録がシンガポールなのかどうかは知りませんが、常に4分の3以上をキープするように運用しているのかもしれませんね。 運転席の燃料計まで覗いていないので、よく分かりませんが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください