MacOS X Mavericks で iTerm2 の remap でエラーが出る

MacOS X Mavericks にアップグレード後、端末アプリの iTerm2 を起動すると、このようなエラーがでる。

Dialog window of

Could not remap modifiers
You have chosen to remap certain modifier keys. For this to work for all key combinations
(such as cmd-tab), you must turn on "access for assistive devices" in the Universal Access
preferences and restart iTerm2.

OptionやCommandキーの入れ替えを設定するにはRemapをする権限が必要で、その権限を設定するAccess for assistive devices の設定場所や設定方法が Mavericks で変わったそうです。
ここをウマイこと設定します。

「システム環境設定」アプリの1段目の「セキュリティとプライバシー」を選び、「プライバシー」タブを選びます。 パスワードでロックされている場合は、左下の鍵マークをクリックしてパスワード認証して鍵を解除します。

Access for Assistive 設定

この右側の選択肢の中に、iTerm2 のアイコンを Finder のアプリケーション内からドラッグすると、選択肢として追加されて、チェックが入れられるようになります。
これで iTerm2 に対してコンピュータの制御を許可できるようになります。

(すんません、ネタ元失念したので、思い出したら書きます)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください