中国での食事を持ち帰る「打包」について

一つ覚えたこととしては、食べきれないご飯を持ち帰る「打包」(da bao) に含まれている意味。

その場で食べきれないほどの料理を振舞い、食べきれない状態になるのが「ごちそうさまでした」という意味。

さらに出していただいたご飯を持ち帰る打包は、「家に持ってかえって食べたい」ということで、「美味しかった」を表現する行動なのだそうです。 なので中国人にご馳走していただいたときに打包するのは、ホストの顔を立てる行動なのだそうです。

一つ勉強になった。 実行できるチャンスがあれば、試してみます。

今後

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください