よそで使っていたHDDをつないだところ。

VMサーバのHDDを1TB RAID1 から2TB RAID1 に変更するために、現在の Virtual Machine のディスクイメージをバックアップ取ろうと、別のHDDを接続。

SATA の HDD って、HDD側の電源を投入して、SATAケーブルをマザーボードにプスっと挿すだけで使えるのですね。 便利。

その後、こんなコマンドを叩いていく

# 既存のパーティションを削除し、新しいパーティションを1個作る。
fdisk /dev/sdb
# EXT3 のパーティションでも作る。
mkfs.ext3 /dev/sdb1

するとこんなエラーが発生。

/dev/sdb1 is apparently in use by the system; will not make a filesystem here!

何かが /dev/sdb1 を使っていることは理解。 なんだろうと思って調べたところ、以前使っていた LVM2 の Physical Volume (物理ボリューム) が fdisk しようとしたHDD内に存在していた。

sudo vgdisplay
--- Volume group ---
VG Name               test000
System ID
Format                lvm2
Metadata Areas        1
Metadata Sequence No  3
VG Access             read/write
VG Status             resizable
MAX LV                0
Cur LV                2
Open LV               0
Max PV                0
Cur PV                1
Act PV                1
VG Size               931.27 GiB
PE Size               4.00 MiB
Total PE              238405
Alloc PE / Size       238394 / 931.23 GiB
Free  PE / Size       11 / 44.00 MiB
VG UUID               6kMebu-312P-mVDr-GEC3-kawu-znMQ-UE3kg8

fdisk する前に、この Physical Volume を削除

sudo vgremove test000

あとは、再度 mkfs を実行してマウントしてバックアップ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください