北京は愛国、上海は出国、広東は売国

先日、某中国通の先輩に「北京は愛国、上海は売国、広東は売国って言うからね」なんて聞いたのだが、正しいフレーズを検索してみた

北京人愛国、上海人出国、広東人売国、香港人没有国

北京人は愛国家、上海人は出国好き、広東人は金儲けに夢中、香港人には土地がない

確かに北京や大連出身の方に中国政府について話を聞くと、「日本で言われているほど悪くないよ。共産党員になりたい人が多いし」とか。 広東あたりにいる人に聞くと、「公務員は給料がよいよ」ぐらいだしね。

私の場合、香港周辺の華南地方しか行っていないので他地域のことは詳しくない。 少なくとも華南地方で愛国なんていうものは、「この国大丈夫か?」って思うほど聞かないですね。 せいぜい電気屋で aigo (愛国) というブランドのデジカメを見る程度だが、知っている人が持っているデジカメはBenQだったりキヤノンだったり。

北のほうが愛国ってことで、よかったですね。

最近の日本だと、愛国・売国・出国に加えて亡国っていうセグメントも居るね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください