東プレ Realforce 英語版を Colemak に改造→失敗

そろそろ普通のキーボード配列のQWERTYを卒業しDvorakでも使いたいなとか想い続けて早10年。 相変わらずQWERTYを使い続けています。

Dvorak配列はQWERTY配列と大きく異なり覚えるのが大変そうだったので、Colemak配列にでもしてみよう!と思った。

http://colemak.com/

まずはRealforceのキートップを取り外し。 取り外された部分がQWERTY配列と異なるキーになる場所。 キートップ外したついでに、空気吹き付けるスプレーでゴミ取り。

キートップ外したところ

Colemakの配列にキートップを淹れた。 いい感じ。。。 

キートップ入れ替え完了

っと思ったら、キートップが前後方向の行ごとに高さや角度が異なっており、行の変わったキーの高さがメチャクチャに。(爆笑

キーの高さがバラバラw

明日にでも元に戻します!

つづき: Tue Feb 15 2011

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください