読書感想: 原智子「100%香港製造」

ちょいと2ヶ月ぐらい前に香港関連の本を一気に購入して読んでいた。 まずは、 100%香港製造から。

全体的に香港の面白可笑しいところが取り上げられています。個人事業大好きな香港人による商場の中にある小さなテナントの話、ミニバス(小巴)の歴史とシステム、週末の飲茶での家族団らん、高カロリーなパンや茶餐廳(ちゃさんしょう)といった食事の話、などなど。

「面白い!」「ありえない!変なの!」「合理的だ!」と突っ込みたくなるようなネタばかりで。

文章も読みやすく、内容は真面目な内容と面白可笑しいところを織り交ぜられており、面白かったです。

旺角の信和中心 (Sino Centre)や先達広場に行ってみたいなぁ。

で、信和中心先達広場の場所を Google Maps で確認したところ、信和中心の前はバスで何度も通過し、先達広場は春節の時に行って携帯電話のプリペイドのデポジット払ったんだったw 今度はじっくりと数時間かけて研究だな。 友人知人からSIMロックのかかっていないAndroid電話機やiPhoneを買ってきて!と頼まれたりしているし。

思い出したのですが、先達広場前でフォルクスワーゲンを載せたクラウンコンフォートを発見しました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください