Lexus LS600h 試乗した

LS600h の運転席1ヶ月ほど洗車せずにいたウチの水色の車だが、最近うぐいす色になっていた。 原稿書きの合間にいつものレクサスさんに行って洗ってもらった。

ちょうど駐車場に試乗車のLS600hが駐まっていたので、「試乗してもよいですか?」とニヤニヤしながら聞いてみたところ、OKとのことで。 試乗希望のお客さんんが一組いらっしゃったので、彼らが行って帰ってくるのを待ってから借りてきた。

「2時間ぐらいウロウロしても良いですよ」と言われたのだが、17時すぎていて2時間もしたらお店の営業時間が終わってしまうので、用賀から東名川崎まで行って帰ってきた。 ってかガソリンが赤ランプ手前ぐらいにしか入っていなかったので、例えば小田原まで行って帰ってきたりしたら、自腹切ってガソリン入れなきゃイケナイ状態だったし。(笑)

ってことで、川崎まで東名を走ってみたのだが、加速する気になればイイ加速する。 速度が速かったり、良い加速をしていても、乗っている人にはそんなに激しく伝わってこない。 すげー。 あのペースなら180km/hでも楽々走りそうだ。 きっとスピードリミッターはご多分に漏れず180km/hになっているだろうから、リミッター作動速度まで余裕であっという間に加速していくんだろうな。 100km/hでエンジンの回転数が1500rpmぐらいだったので、300km/hとか余裕で出るんだろうな。 危ない危ない。 バカっぽくアクセル踏んでエンジン音を出してみたのだが、IS-FやLS460のような気持ち音は抑えられている感じ。 静かにすることに注力したのかなぁ。

たぶんトヨタで一番の多機能メカなので、いろいろなボタンを押して遊んでみた。 オートクルーズの設定をすると、スピードメーターに設定した速度が矢印で表示される。 スピードメーターが液晶モニタになってるから、こんな事もできるんですね。

オートクルーズで前の車への自動追尾機能を設定すると、オートクルーズで設定した速度を最高として、それ以下の速度で前の車を追尾するようになる。 オートクルーズを使っていて、前の車が遅くて、オートクルーズ解除→アクセルで調整 みたいなことしなくてもOK。 LKAってボタンを押すと、レーンキーピングアシスト。 ハンドルに力を入れずに走って車線の端っこに近づくとピィピィ言います。 注意散漫になりがちな高速道路の運転も、いろいろと楽になりそうな装備です。

たぶんお値段1千万円ぐらいなので、買えないですけどね。 買えるなら欲しいけどw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください